がはいしざん
我拝師山
まんだらじ 
曼荼羅
 
「山門」
 
 
「山門」
 仁王門を入り、境内の橋を渡る。
「本堂」
 弘法大師の出身氏族・佐伯氏の氏寺として596年(推古天皇)に創建された。807年大師が唐から両曼荼羅を持ちかえり大日如来を本尊として再興、大師はそれまでの世坂寺という寺名を曼荼羅寺と改めた。
 境内に大きな緑園を描く「不老の松」は、大師お手植えという。みごとな枝ぶりh「傘松」の異名をもつ。
 歌人西行や、時宗の祖一遍も訪れており、西行の「昼寝石」と「笠掛桜」がのこる。大師の母の菩提寺でもある。 (「週刊 古寺をゆく」)
「本堂」
 正円形に笠を伏せたような形の、弘法大師お手植えの「不老松」は松くい虫のために枯死しました。
 不老の松のあったところ
「大師堂」
「大師堂
 
ページトップへ トップ アイコン
トップページへ
四国へんろトップ へ  73出釈迦寺