とっこうざん
 独鈷山

しょうりゅうじ
  青 龍 寺

 
 第36番青龍寺は、横浪半島の東部にあります。境内は、杉木立の中の長い石段を登ったところにあります。本尊は、弘法大師が自ら刻んだ不動明王、「波切不動明王」の別名で、海上安全や豊漁などの守り神として崇拝されています。大相撲の横綱、「朝青龍」のシコ名は、このお寺から取りました。(ガイド談)
 「山門」
 杉木立の中の長い石段を登ったところに境内があります。   
 このお寺には恵果堂があります。弘法大師の師である恵果和尚をまつるお堂です。
 「南無大師遍照金剛」の「遍照金剛」は恵果和尚からいただいたお名前です。
 「本堂」
 唐の都長安にある青龍寺は、かつて弘法大師が恵果和尚から密教を学んだ所。帰国にあたって、大師は、聖地を求めて唐から日本へ独鈷杵(とっこしょ)を投げた。帰朝後の815年、当地で独鈷杵を発見し、和尚への報恩のため、青龍寺を模して建立したという。
 入唐のとき、不動明王が船を荒波から守ったため、大師自ら不動明王を刻んで本尊としたと伝え、海で働く人々のあつい信仰がある。
 本堂には、鎌倉期の木造愛染明王坐像(重文)もまつられている。
(「週刊古寺をゆく」)
 「大子堂」
ページトップへ トップ アイコン
トップページへ
四国へんろトップ へ  37岩本寺へ