山のぼり山の雑記帖山小屋山の植物


New 信大ワンダーフォーゲル部OB懇親会の様子(平成19年9月23日〜24日)

 登山・ハイキング

 最近は、本格的な山登りはほとんどしなくなってしまいました。
 近場の山や自然観察会での日帰り登山や散策程度となってしまっています。

 山の雑記帖

ふるさとの山・妙義山(白雲山)
miyogisan.jpg (14884 バイト)
妙義山
生まれた時から見慣れた山、それは妙義山と浅間山です。
特に妙義山は奇岩で知られた山ですが、すぐ南にあって私の登山もここから始まっています。
小学校の遠足は妙義神社とか妙義のぶどう園、高学年になると一本杉から石門・大砲岩でした。

【山登りの始まり】
中学生で裏妙義山塊の丁須岩に登ったのが岩の最初でしょうか・・それから、高校の部活では地学部の天文に属していましたが、昼間は太陽の黒点観測くらいで、やることもなく地質班の連中が榛名山二つ岳の成因調査を行なっていましたので、それを手伝っていました。

この頃から山に興味を持ち始めて、山岳名著シリーズの岡田喜秋「青春の山想い」や深田久弥「雪白き山」、北杜夫のドクトルマンボウシリーズを読み、新田次郎の加藤文太郎に魅せられて「私の山想い」がはじまりました。
そして、実力も無いのに山にあこがれて信州の大学を目指しました。この受験で松本に向かう途中、電車から見えた常念岳には感激したものでした。

不思議なことに目的の大学に受かって・・・、もちろん部活は山関係です。しかし、山岳部はちょっと自信がなかったのでワンゲル部に入部しました。そのワンゲル部も入部数ヶ月で事情があって解散の憂き目にあってしまうのですが・・・。
それでも山を諦めきれず、その年の夏休みに1ヶ月ほど上高地に単独で入山しました。テントを張った直ぐ傍に山岳部のサマーテントがあって、そこで山岳部員からいろいろとレクチャーを受けたのです。それから山岳部に入り、私の本格的な登山が始まりました。

学部が農学部だったため松本市は一年生だけ、二年生からは伊那市に引越しですが、引越し時も山(確か立山に山スキー)に行っていて友人に引越しをしてもらうという山三昧の有様でした。
そんな山岳部も3年生の最初で途中退部、その後は気のあった仲間とポツポツと登っています。

なんと、その当時の山行記録をアップしている信州大学山岳会のHPができていました。1970、71年のこと・・懐かしいというか・・・。
夕焼けの妙義山
yuyake.jpg (18441 バイト)
近代登山発祥の地(筆頭岩と金洞山)
hitouiwa.jpg (14340 バイト)
妙義山筆頭岩

日本近代登山の父は、誰もが知っているウオルター・ウエストンで、毎年、上高地でウエストン祭が開催されています。しかし、近代登山史の中であまり重要視されていませんが、最初のザイルワークが行われたのが妙義山である事をご存知でしょうか。

イギリスの宣教師ウエストンは、明治21年にはじめて来日、28年に帰国するまで浅間や御岳・富士・乗鞍・槍などを登りました。そしてふたたび明治35年から38年まで横浜に居住、主に赤石山脈を登りました。そして明治44年から大正4年まで3度目の来日をしました。ウエストンは来日してまもなく浅間山に登る道すがら見た妙義山に興味を示し岩登りに優れている案内人を探したのです。それが松井田町生まれの妙義山案内人・根本清蔵です。まず、妙義山の筆頭岩に挑戦し、ザイルを使った近代登山法でウエストンを頂上まで導いています(しかし、清蔵は自分が落ちた時ウエストンに迷惑をかけるといって、自分にはザイルを結ばなかったそうですが)。清蔵の岩登り技術にほれ込んだウエストンは彼をつれて北アルプスへと。上高地の上条嘉門次を案内人に有明、燕、槍、奥穂などを登ったのでした。この事から妙義は近代登山発祥の地と言ってもよいのではないでしょうか。

榛名富士
harunahuji.jpg (17790 バイト)
榛名山

榛名山は万葉の時代は、伊香保嶺「イカホロ(レイ)」と呼ばれていました。火山噴火によるイワオ嶺だったのが転じてイカホロになったようです。万葉集に”伊香保ろのそひの榛原(はりはら) 吾が衣に つき寄らしもよ ひたへと思えば(伊香保の山の岨の榛の林の榛が私の衣にそめつつが如く、私はあなたにつき寄りたくなります。ただ一途に思いますから)”と歌われているように伊香保嶺は榛の木に覆われていたようです。榛の木(ヤシャブシまたはヤマハンノキ)が噴火で荒れた山に当時侵入し覆っていたようです。今でも榛名山系には多く生えています。つまり、伊香保嶺が榛の木に覆われて榛の山、榛名山に名前を変えて行ったのだといわれています。
カルデラ湖の周りに最高峰の掃部(かもん)ガ岳、榛名富士、烏帽子岳、鬢櫛山などや寄生火山の相馬山、二ツ岳、水沢山などがあります。

二ツ岳
hutatudake.jpg (19757 バイト)
二ツ岳

榛名山の寄生火山です。1600年くらい前まで噴火していて、火山弾や軽石を飛ばし火砕流も引き起こしていました。伊香保森林公園の中にあって自然観察の好適地になっています。

榛名山系遠景

haruna-enkei.jpg (13558 バイト)

赤城山遠景
akagienkei.jpg (13331 バイト)
赤城山

西部地域の山ではないのですが、上毛三山の一つです。伊香保森林公園の展望台からの遠景です.上毛カルタでは「裾野は長し赤城山」と歌われています。

子持山

群馬県中部にある標高1296mの火山(休)です。地質学の世界では有名な山で、写真右のシシ岩を中心とした放射状の岩脈が見られます。
万座鹿沢からの浅間山
asama2.jpg (15466 バイト)
小諸からの浅間山
asamayama-s.jpg (30113 バイト)

浅間山

小さなころから毎日眺めていた山です。日本の代表的な火山です。黒斑山、前掛山、石尊山、小浅間山を総称したのが浅間山(2568m)です。東西に長く伸びているのと一文字山などに裾を隠されているため、松井田側から見る浅間山は勇壮さがありません。御代田町や倉渕村の二度上峠から見る姿のほうが美しいようです。最近は噴煙が多く見られますが危険はないようです。子供のころには何度も噴火があって松井田でも降灰が有りましたし、母の実家の軽井沢に行っているときに遭遇し、噴火のためショウウインドが割れ、雷と石混じりの雨が突然降ってきたのを覚えています。最後は昭和49年に小噴火しました。ちょうど、大学の友人達が登っていて噴火に遭遇し、テントを置いて逃げてきた話はリアルでした。

浅間山から鼻曲山の山並み
asama-hanamagari.jpg (22335 バイト)

鼻曲山

長野県との境にそびえる山、松井田から見ると浅間山の裾野を隠す一ノ字山、留夫山、そして鼻曲山と連なる山並みです。この山並みが私には仰向けになった人の横顔に見えて仕方ないのですが…。旧碓氷峠や二度上峠、霧積温泉からなどの登山道があります。頂上からの眺めはすばらしく浅間山、上信越の山々、北アルプス、富士山などが見られます。植物はミズナラを中心とした二次林ですが新緑や花、紅葉は最高で、野鳥も宝庫です。

鼻曲山から角落山
hanamagari4.jpg (18760 バイト)

角落山(中央の三角形の山)

倉渕村、烏川源流にある山です。古い火山の一部です。白沢を登る男道と、赤沢を登る女道があります。植物はミズナラを中心とした自然林でシオジの原生林もあって環境の良い山です。

浅間隠山と角落山
tunoti-asamakakusi.jpg (15445 バイト)

浅間隠山(右)と角落山

浅間隠山(1757m)は倉渕村と吾妻町の境に位置します。三角形で美しい頂上を持っています。二度上峠の手前から登ります。山頂は草原になっていて360度の眺望が楽しめます。

角落山(1382m)は倉渕村にある古い火山の一部で片側がストンと落ちた容が特徴的です。

inahukumi2.jpg (15287 バイト)

稲含山

西上州の代表的な山です。しかし、山腹を林道が走り、50万ボルトの高圧鉄塔が横切ってしまいました。稲含の三束雨は有名なことわざで稲含山で雷がなると富岡でも稲わらを三束巻かないうちに降ってくるといいます。

荒船山
arahune-s.jpg (31863 バイト)
荒船山遠景
arahune.jpg (11059 バイト)


荒船山

西上州に海に浮かぶ船のような個性的な山。南端の経塚山1423m。あとはほとんど平らの山稜が2kmも続きます。
太古の海が隆起して、また陥没、ここにたまった岩石や火山の噴出物が堆積しこれが再度持ち上げられ、侵食されて残ったのが荒船山と言われています。
本白根山
motosirane.jpg (24663 バイト)

本白根山

草津白根が一般的ですが、厳密には白根山・万座山・横手山・米無山・逢ノ峰・本白根山の総称です。本白根山はこれらの最高峰ですが最高点には三角点がありません。新しい火山で30以上もの爆裂火口があります。国内有数の亀甲砂礫(構造土)が見られ、亜高山帯の自然は美しくコマクサ、コケモモ、ガンコウランなどの高山植物が見られます。

蝶・常念・燕
常念岳

中央は常念岳・・・大学入試のため信越線から篠ノ井線に乗り換えて姥捨てのスイッチバックを過ぎ、峠を越え、松本に近づいたとき最初に目に入ってきたのが白く雪を被った常念岳でした。
この景色を見られただけで大学の入試は落ちても良いなぁ・・・なんて思っていたものでした。


それが、何とか目的の大学に受かり、私の本格的な登山は始まったのです。松本の登山靴の店・竹内でオーダーメイドの登山靴を作り、布製の幅の広いザックを買って・・・

松本には1年だけですが大学の近くに下宿していて、南側を見れば何時も常念だけの三角形の山並みが見えていました。
爺・鹿島槍・五龍・唐松・白馬
北アルプス遠景

左から爺ヶ岳、鹿島槍、五龍岳、唐松岳、白馬三山です。松本市から遠くに見えます。
大学生2〜4年生までの冬は白馬三山の麓、岩岳スキー場の民宿でバイトをしていました。
山の仲間達と、朝早く起きて客の朝食を作って部屋の片付け、昼間はスキー、夜はまた夕食作りなどのバイトという生活をしていました。

伊那市からの南アルプス連峰
minamialpus.jpg (28622 バイト)

南アルプス

私が大学時代に3年間すごした第二の故郷、伊那市西箕輪は河岸段丘に畑が広がり、その南東に南アルプス連邦が連なっています。鋸岳、甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳、間ノ岳等が見えます。

伊那市から経ヶ岳
kyougatake.jpg (21667 バイト)

経ヶ岳

伊那市西箕輪
の西側には経ヶ岳があります。私はこの麓の標高が800mのところに住んでいました。ここで植物や鳥を追い掛け回していました。

伊那市から中央アルプス(将棋の頭)
syouginokasira2.jpg (27475 バイト)

中央アルプス

伊那市の南西には中央アルプスがあります。将棋の頭の向こうには木曽駒が岳があります。桂木場には大学の演習林と山小屋がありました。千畳敷カールではスキーをしていました。

 

 山小屋について

● 小屋の雪掘り(2005、2、12〜13)

 私の入っている「のやまの会」では新潟の清水部落・巻機山の麓に山小屋を持っています。巻機の米子沢の辺にあるので「米子沢山荘」と名付けています。一階、二階、中二階となっていて、一階には薪ストーブがあって、これを囲んで談笑を・・・・。
 ということで、会員は何かにつけ利用しています。
毎年、12月の第一日曜日に冬囲いと忘年会、1月・2月に雪下ろしが恒例となっています。のやまの会のホームページへ

yamakoya170212-1.jpg (17003 バイト)

yamakoya170212-2.jpg (23019 バイト)

清水部落へ到着

 清水部落は雪の多いところです。今年は特にすごくて、雪の壁が高く、何十年ぶりの大雪だそうです。
 小屋まで普通なら20分くらいのところも、数時間かかります。今までの最高は6時間で夕方出発して真夜中になったことも。
 出発して、林道沿いに歩きます。雪が積もって電線が首のあたりにきています。

yamakoya170212-3.jpg (22573 バイト)

yamakoya170212-4.jpg (22995 バイト)

ラッセル・小屋へ到着

このため、小屋の屋根は傾斜をきつくし自動的に雪が落ちるようにしてありますが、落ちた雪が小屋を押しつぶさないように窓や壁の周りの雪を堀上に1月と2月(多い年は3月も)に行きます。

ところが今年は屋根の雪が落ちず1m50cmくらい積もってしまいました。

yamakoya170212-5.jpg (21651 バイト)

yamakoya170212-6.jpg (23898 バイト)

屋根の雪・周りの雪掘り

 屋根の雪が落ちないので、仕方なく登って落としました。
 周りを掘り下げて雪の圧力で窓がつぶされないようにします。
 汗びっしょりになりますが、雪堀の後のビールの美味いことといったら最高ですね。本当は、雪掘りの最中にも何本か空けてしまいますが・・・。

yamakoya170212-7.jpg (23329 バイト)

yamakoya170213-1.jpg (25341 バイト)

夜は宴会

 雪堀の後は鍋を囲んで懇親会です。何時もメニューはキムチ鍋・・。

朝、山小屋を発つと快晴の天気、後方の山が奇麗でした。

●2008年雪囲いと忘年会

2008、12、6〜7

恒例の冬囲いと忘年会。
一日目は駐車場から薪を運んで薪割りをして床下に詰込みました。。
今年は雪は無く駐車場まで行けました。小雪が降る中10人で作業でしました。作業終了は4時前、皆へとへとで2時間ほど飲んで6時半には寝てしまいました。
その後、2回戦ということで何人か起き出して飲みなおしました。

●2006年雪囲いと忘年会

2006、12、2〜3

恒例の冬囲いと忘年会。
一日目は湯沢の森瀧さんで「ウドンスキ」を食べてから買出し、雪囲いをして忘年会です。
今年は雪は無く駐車場まで行けましたが、雲行きが・・・そして4時過ぎにはポツリポツリと雨が降り始めました。
結構強くなって夜中には雪に変わって30cm以上も積もってしまいました。雪が軽かったので4駆車でラッセルして帰ってきました。

●2005年雪囲いと忘年会

2005、12、3〜4

新潟の山小屋へ冬囲いと忘年会を兼ねて行ってきました。
例年だと、まだ雪はあまり積もっていなくて、近くまで車でいけることが多かったのですが、今年は雪がおおいです。
林道には50cmを超える雪が積もり、かんじきやスノーシューを持っていかなかったので、つぼ足で歩くのは大変でした。

●2004年雪囲いと忘年会

noyama161205.jpg (21370 バイト) 2004、12、4〜5で行ってきました。

昨夜は発達した低気圧で強い風と雨、明け方まで降り続いてどうなるかと思いましたが、何とか止んで作業が出来ました。今年新しく作ったベランダを解体してしまったところで記念写真を撮影しました。

●2002年雪囲いと忘年会

koya141207-2.jpg (40458 バイト) koya141207-4.jpg (45991 バイト)

●2001年秋小屋の改修が終了。

改修なった山小屋です。
koya1.jpg (38557 バイト)

右側にトイレを張り出しました。
koya2.jpg (34281 バイト)


TOPやま遊びに戻る