川・湖の釣り(釣りの種類・釣りのルールとマナー


 私の釣りの種類

渓流釣り
sinyu-2.jpg (55780 バイト)

アユ釣り
kaikin02061.jpg (38707 バイト)

ワカサギ釣り
haruna040221.jpg (15912 バイト)

上州漁協・碓氷川
tyuryukasen.jpg (20158 バイト)

 

渓流釣り 小学校の頃から親しんでいる釣りです。
結構、遠くまで渓流釣りに行く人もいますが、私は近場で釣っています。群馬県内にも、まだまだ穴場があります。
アユ釣り 数年前、夏の土用隠れで渓流が釣れなくなった時、知人から教わったのがやみつきになりました。
平成12年度は解禁日に初めての束釣り(105匹)を経験し、ますますのめり込みそう。
最近は、仕事でもアユの復活を目指しています。
ワカサギ釣り 湖のボート釣りとして、冬の氷上釣りとして楽しんでいます。
主に榛名湖を中心に松原湖・相模湖など県内外がフィールドです。
9月20日の渓流の閉漁以降にボート釣り、2月頃からの氷上釣りと続きます。

 釣りのルールとマナー

【漁業権と内水面漁業】

あまり釣りをしない人、そして釣り好きな人にも「漁業権って何だい?」とか「どんな小さな川にも漁業権があるんかい?」とか「自然に繁殖して昔からいるんだから釣り券はいらねぇだろう?」とか言った質問を受けることがあります。そこで漁業権のお話からしてみましょう。

 内水面漁業という堅苦しく、あまり耳慣れない言葉がありますが、内水面とは河川や湖沼のことで、その対語は海面となります。内水面で行われる漁業を内水面漁業、海で行われる漁業を海面漁業と呼んでいますが、一見すると内水面ではないかなと思われる琵琶湖や霞ヶ浦などは海面と同一に扱われて海面漁業に入っています。

さて、ここでは主に内水面漁業の漁業権についての記述となります。
内水面では漁業協同組合(水産業協同組合法に基づき設置される)を管理団体として、第5種共同漁業権という漁業権が免許されています。漁業権は区域を定めるとともに、魚種(アユ、ヤマメ、イワナ、コイ、フナ、ワカサギなどで漁業権魚種と言います)も区域ごとに定められています。
内水面漁業の特徴としては、@専業の漁業者の比重は低く、漁業を主業としない水産動植物の採捕者が多い。A水面が限られるため資源に乏しく、増殖しなければ成り立たないものが多い。B漁業者や採捕者の他にレクリェーションを目的とした遊漁者が圧倒的に多いこと・・・などが挙げられます。

内水面漁業協同組合の主な役割は増殖と漁業秩序の維持を通じて資源的価値を高めることにあって、漁業権を免許される換わりに増殖義務が負わされていて、区域毎、漁業権魚種毎に増殖量(産卵場造成や稚魚の放流数など)が内水面漁場管理委員会の審議を経て毎年示されています。(増殖呈示量は最低限の数値です。また、成魚放流は増殖行為とは認められていません。)もちろん第5種共同漁業権を設定しても、遊漁規則を定めて組合員以外の遊漁者にも公平に利用することを認めなければなりませんし、組合員には漁業権の行使規則(遊漁規則と内容的にはほぼ同じです)を定めて管理させています。

 群馬県内には18の内水面漁業協同組合(河川11、湖沼7)があって約15,000人の組合員がいます。県内のほとんどの河川湖沼に漁業権が設定されていますし、ため池等にも第二種区画漁業権という漁業権が設定され養殖業に利用されているところもあります。漁業権の無い魚種には規制は掛かりませんが、ウグイなどは昔からいると言っても増殖行為が行われている場所が多くなっています。また、違法放流されたブラックバスなどを釣る場合や漁業権のない魚を釣る場合でも漁業権のある魚を釣る可能性がありますし、漁場管理の経費負担という観点からも入漁料は支払うべきでしょう。
(1)釣り場の種類 

(2)「釣り」とは? 

(3)みんなが、好き勝手に「釣り」をしたら? (PDF:98KB)

(4)誰もが楽しめる「釣り場」を維持するために必要なのは? 

(5)遊魚のきまり(法制度)(PDF:99KB)

(6)釣りの具体的なきまり(ルールとマナー) (PDF:94KB)

 このPDFは、ぐんまの魚振興室発行の「群馬の釣り情報誌」からの抜粋です。

TOPかわ遊びに戻る