渓流・マス類の釣果

2008年の釣果2007年2006年2005年2004年


2004年渓流:小さくても釣れると嬉しい!
nagazasa040515.jpg (28718 バイト)
2004年渓流:語らいのひと時
nagazasa040515-2.jpg (32322 バイト)
そして、釣れれば言うこと無し

● 2008年の釣果

 9月20日(土) 渓流最終日、何時もの仲間のYさん、K君と一緒に何時もの場所に・・・と言うことは昨日大物を落とした場所です。
Yさんは下流から釣るというので、昨日の場所はK君と入りました。二人ともブドウの虫で攻めますがピクとも来ません。暫くしてミミズに変えるとスッと当りが・・・合わせると結構良い引きです。でも上がってきたのは26cmのヤマメでした。(昨日のはこんなもんじゃない・・・)と思いながら攻めますが結局後は当りすらありませんでした。
ふと山側の土手に目をやるとはしりのモタセがビッシリと生えています。そこできのこ採りに変更してレジ袋に半分ずつくらいを採取しました。その後は数箇所を歩き回るものの木っ端サイズが多くキープはイワナ1、ヤマメ5の合計
6尾でした。今日も山栗は結構取れましたよ。
台風と言われていたのに出発前に雨は上がりカンカン照りの良い天気で水量も少なくて喰い渋り納得できない最終日でした。残念!

仕掛けはフロロ0.6号、針は半スレひねり8号、餌は養殖ブドウorミミズでした。329
 9月19日(金) 明日で群馬の渓流は閉漁です。今日、最後?の夏休みを取りました。
朝一にヤボ用を終わらせて、吾妻の気になっていたけれど、なかなか入れなかった沢に行って見ました。駐車スペースはゴミが多く、「これだけ人が入っているということかな」と思いながらゴミ拾いをしました。10時頃下流から開始しましたが釣果はイマイチでした。でも、山栗がいっぱい落ちていてこちらの収穫がうれしい!
その後、何時もの沢を釣り歩きましたがリリースサイズが多く、最後に大物が釣れている場所へ・・・2投目に小さな当りが!・・・合わせるとググッグと強い引きです。姿が見えず上流へ下流へ走り回ります。竿を絞って顔を見ようとしたとたんにバラシ・・・仕掛けを見たら8号の針が折れていました。ショックが大きく、気力が無くなり2時に終了。イワナ1、ヤマメ6合計
7尾でした。

仕掛けはフロロ0.6号、針は半スレひねり8号、餌は養殖ブドウorミミズでした。323
 9月 6日(土) とうとう9月、渓流釣りが出来るのも今日を含め土日祭日はあと6日・・・これで群馬の渓流はおしまいになります。明日はヒメマス、13〜15日は家庭の用事、地区の行事で行けないので残りは20日のみです。
と言う事で、心残りで気がかりだった渓にK君と行ってきました。山道を登ること30分でやっと竿出しです。前回よりも水量は落ちていて喰い渋って、型も小さく、ポツポツと釣れて来てもリリースがほとんどです。最初の滝までに2人ともキープは3尾程度、最初の大きな滝を高巻いてさらに進みます。此処からが本命と粘りますが型の良いのは出ません。とうとう2本目の大滝まで着いてしまいました。ここまで遡行時間3時間でイワナ12尾で終了です。下りはたっぷりと1時間以上、車について別の渓に行きますが日差しが強く、とても釣りにはなりませんで遅いお昼にしました。
その後幾つかの渓をチョコチョコと見て回りましたが、芳しくなく2時30分に終了。イワナ13、ヤマメ2合計
15尾でした。

仕掛けはフロロ0.6号、針は半スレひねり8号、餌は養殖ブドウでした。316
 8月31日(日) 今日は用事がいろいろあって1日は遊べず、ちょこっとだけご近所の川で竿出しをしました。
年に1・2回だけ顔を出す小さな渓ですが魚影は結構有ります。問題はイノシシやヤマビルにやぶ蚊・・・。十分に身支度をして虫除けをつけて開始です

9時に開始、1投目から17cmのヤマメがヒット、最初は験担ぎでキープです。続いてリリースサイズが入れ掛りで堰堤までにキープできたのは5尾。堰堤を越えて釣りあがると、昨日までの雨で何時もよりは水量が多いせいか結構釣れます。それに、釣り人があまり入っていないせいか、すれていない様子で、目の前を悠々と泳いでいて餌を入れれば、それに喰らい付きます。上流では20〜23cmと食べごろサイズが続けて釣れてきました。藪を潜って暫く釣り上がってみましたが餌も心細くなってきたので11時に終了しました。釣行時間が約2時間と短かったのですが、ヤマメ17〜23cmを
13尾と結構良い思いをしました。

仕掛けはフロロ0.6号、針は半スレひねり8号、餌は養殖ブドウでした。301
 8月30日(土) 先週に引き続き、吾妻管内で渓流です。今回も増水、濁流でアユはできません。このまま終わってしまうのかな!?
何時もの時間に何時ものメンバーで先週と同じ沢へ到着。しかし、かなりの増水で仕掛けを投入する場所がありません。上流の方が水量が少ないだろうと移動してみてもだめでした。しかたなく沢から取り入れている水路に移動・・・3箇所ほどハシゴしてやっとヤマメ2尾、雨が上がって薄日が差してきたので元の沢に戻ってお昼です。
多少水位が下がったので再度開始です。木っ端は来るのですがなかなか良形が来ません。それでもイワナを2尾追加後、隣の沢に移動してヤマメを数尾追加で3時半に終了です。イワナ2、ヤマメ5の合計
7尾でした。

仕掛けはフロロ0.6号、針は半スレひねり8号、餌は養殖ブドウでした。288
 8月23日(土) 孫の来襲、お盆、自然観察会などで釣りに行けず、約三週間ぶりに竿を握りました。しかし、雨で気温も低くアユ釣りはねぇ・・・と言うことで吾妻管内で渓流です。
朝6時に何時ものメンバーのYさん、K君と出発し目的の沢へ到着。Yさんは下流へ、私とK君は上流へ入渓しました。滝の上で早速良形のヤマメが掛かり「幸先いいぞ!」。しかし、何時ものパターンで続きません。次の大滝まで釣り上がってヤマメ2尾です。滝を高巻いて上流へ行き、イワナを4尾ほど釣ったところで足元を見るとクマの足跡が・・・「止めようか」で車に戻って、先週良かったと言う沢に移動です。3人がばらばらに入って、私は左の沢に入りました。第一投目、堰堤下のたまりに振り込むと目印が止まって・・・大きいぞ・・・タモ網を持って行かなかったので仕方なく抜くと泣き尺の29cmのメタボヤマメ(写真)です。さらに釣り上がってイワナ1、ヤマメ4を追加しましたが、集合時間になって車へ戻り、右の沢に移動して30分ほど釣ってヤマメ6尾を追加です。最後の仕上げでI沢上流へ移動しましたが、葦が繁茂して釣る場所が少なくて・・・それでも何とか制限
20尾にして3時半に終了しました。

仕掛けはフロロ0.6号、針は半スレひねり8号、餌は養殖ブドウでした。281
 6月21日(土)
 6月22日(日)
21日(土曜日)約1ヶ月ぶりの渓流です。このところ天気が悪く、週末になると雨、それに何処もアユが釣れない状況なのでYさん、K君と吾妻川支流に入りました。前回下流は出なかったので上流まで山道を上がって開始です。イワナの沢なので当りがあってもじっくりと食わせてあげます。しかし、ばらしてしまいます。ん〜おかしい・・・K君が私の落とした良形を3尾続けてゲットです。
針が小さすぎたか・・8号の半スレに替えてみると、今度は外れません。Yさんは下流でやっているので、上流はK君と二人、大きな滝を高巻き、小さな滝を幾つか上がって、天気が小雨気味で渓流には最高の条件だったので結構かかり、あまり行った事の無い上流まで釣り上り、制限尾数になったので終了しました。少し痩せ気味でしたが17〜26cmのイワナ
20尾でした。255

22日(日曜日)は温川のアユ解禁です。しかし、アユ解禁までは一切の釣り禁止ですので渓流も好条件、チョコチョコットやってヤマメ2尾、イワナ3尾、そしてアユの針にヤマメ1尾、合計
6尾が釣れました。261

仕掛けは黒フロロ0.25号、針はゼロ針5号、半スレひねり8号、餌は養殖ブドウでした。
05月25日(日) 2週間ぶりの釣りです。それも、またまた放流マス釣りです。

渋川市浅田河原で恒例の清流祭りですが雨のため中止とのことです。しかし、釣だけは自己責任で9時から可能との情報が入ってKさん、Yさん、K君と出発です。本当は私だけ途中から行く予定だったのですが休日出勤の仕事の方も雨で中止となったのです。

会場はぬかるんでいてイベント中止も納得です。竿出しして早速良形が1尾来ました・・・バキッ・・・#3が折れてしまいました。何とついていないのでしょう!
竿を替えて再開です。魚が大きいため十数尾で魚籠が一杯になってクラーに空けに行って戻ると増水してきて放流池から水が溢れています。暫く釣っていると危険性があるとの事で中止宣言が・・・車を安全な所へ移動させ早いお昼を食べて暫し休憩です。
11時半に再開され、遊びながら2時半まで釣って終了しました。
38尾でした。235

仕掛けはフロロの0.8号、針はマス針8号ほか、餌はイクラ・養殖ブドウ・川虫でした。
05月10日(土)
05月11日(日)
10日の土曜は午前中が仕事、1時頃帰宅してK君と近くの川の様子を見に行ってきました。2時頃開始して雨の中を釣りあがりますが当りがありません。暫く遡上してやっと17cmのヤマメがヒット、その後3時30分まで遡上して16〜20cmのヤマメを追加して終了。ヤマメ4尾でした。180

連休後の最初の日曜日が吾妻漁協・大前のマス釣り大会です。
朝6時にYさん、K君、U君と一緒に出発しました。雨が降る寒い日だったのでセーターを着こんで行きました。碓氷峠を越え、南軽井沢から峰の茶屋へ・・・何と5月中旬なのに雪です(写真)道路案内には志賀草津有料道路は通行止めと出ています。
大前に8時前について放流を待ちます。結構沢山の釣り人が居ます。寒さで震えながら9時開始、小さいながらも引きの強いマスが釣れて来ました。直ぐにイクラの喰いが悪くなり、ブドウに替えて釣り、それも釣れなくなって上下に移動、竿をしぼっている人も見えなくなったので11時に終了しました。
17尾でした。197

仕掛けはフロロの0.6号、針はマス針7号ほか、餌はイクラ・養殖ブドウでした。
05月03日(土)
から
05月06日(火)
連休中に竿を握らなかったのは今回が初めて・・・

3日は子供達夫婦6人や孫達6人をニジマス釣りに連れて行きました。篠の竿に太い糸・・・それでもパカパカ食いついてきます。あまり釣ると追加料金が・・・心配しながらも孫達は始めての経験にキャッキャと喜んでいました。私は餌付け、針はずしに翻弄されていました。
4日は仲間と山菜採り、あちこちを歩き回ってコシアブラとフキを取ってきました。夜は手打ちの饂飩と山菜のテンプラです。
5日は子供夫婦と孫達とBBQです。
6日は上州漁協のアユの放流。真夏を思わせる暑さの中、案山子作り、糸張りなどをして放流です。量が少なすぎ!


と言うことで連休中は自分の釣りは出来ませんでした。
04月19日(土) 昨日は雨・・・碓氷川は結構増水し濁っています。これは吾妻のいつもの里川も条件が良いかなと出かけてみました。

6時半に入渓、最上流に入りましたが、さほど増水しておらず濁りもありません。それでも活性は良く15〜17cm級は結構出ましたが、その上の型は期待したほどは釣れずに大半はリリースです。ここでは18cm以上のイワナ1とヤマメ4でした。
最初の沢は諦めて、別沢に移動したものの同じような状況でイワナ3、ヤマメ4で終了。他に数箇所チョコチョコと竿を出しましたが木っ端ばかり(稚魚を放流したてのようです)で合計
12尾で終了しました。176

仕掛けは黒フロロの0.25号、針はゼロ針5号ほか、餌は養殖ブドウとキヂでした。
04月12日(土) 吾妻漁協管内の支流にYさん、K君と行ってきました。
一昨日、雨が降って増水しているだろうと言うことで期待して入りましたが、水量は適当に有るものの、すでに水はすんでしまっていました。喰いつきが悪く、イワナの沢なのにパタパタ落としてしまいます。
それに、先行者がいるようで新しい足跡があります。あまり釣れない中、遡上を続けると上流から先行者が降りてきました。3尾ほど良型のイワナを持っていましたが、途中で止めたと言うことでこのまま釣りあがりました。5尾ほど釣ってお昼近くなったので車に戻り、別の沢に移動しました。お昼を食べて再開、ここでも良型を落としてしまいます(今日はよく落とすなぁ〜)がイワナ2尾追加です。
もう一沢と言うことで・・・ここでも良型をバラシ・・・今日はついていません。結局、17〜21cmのイワナ
7尾で終了です。164
さらに、折角撮った写真もピンボケで今日は写真無しです!

仕掛けは黒フロロの0.25号、針はゼロ針5号ほか、餌はイクラ・養殖ブドウでした。
04月05日(土)
04月06日(日)
5日、上州漁協のヤマメ・ニジマス放流,、7時集合で放流作業です。しかし、魚がなかなか届きません。8時ごろやっと到着、中瀬・中瀬大橋・あまぬまに放流して、即開始です。私はあまぬまで暫く釣らずに様子を見ていましたが魚がなじんでいないのか釣れません。30分ほど様子を見て、ポツポツ釣れだしたので9時ごろ開始です。午前中に風が強くて釣りづらかったのですがヤマメ10、ニジマス5が釣れ、お昼にしました。午後、再開してヤマメ7、ニジマス3で3時30分に終了。合計25尾でした。
あまぬまは、私達がボランティアで植えた桜が満開になっていました。147

6日は吾妻の放流です。温川のキャンプ場へチョコット行ってきました。10時半開始で1時間ほど釣って終了。ヤマメ4、ニジマス6で合計
10尾でした。157

仕掛けは黒フロロの0.25号、針はゼロ針5号ほか、餌はイクラ・養殖ブドウでした。
03月29日(土) 天然魚を狙って吾妻川支流にYさん、K君と行ってきました。
気温が低く、水も少なく・・・あまり期待できません。車を置いて、私は上流へ、YさんとK君は下流へ分かれて入りました。多少は釣れるもののキープサイズが出ません。諦めて車に戻るとYさんが良い型のイワナを1尾釣ってきました。少し下流に移動して再開、またまたYさんが良型のヤマメを釣っています。此方はやっと18cmのヤマメを2尾・・・魚影はあるのですが水が少なく直ぐに逃げ込んでしまいます。
お昼を食べ、沢を変えて再開しますが、こちらも水が少なくなかなか釣れません。暫く遡上して大石の手前を流すと25cmのイワナが来て、その上流の堰堤下で23cmのイワナ、その上流で2尾のヤマメを釣って2時30分に終了。合計
6尾でした。今日は魚よりもワサビ、セリ、フキノトウの山菜が大漁でした。

仕掛けは黒フロロの0.25号、針はゼロ針5号ほか、餌はイクラ・養殖ブドウでした。122
03月21日(金)
03月22日(土)
03月23日(日)
20日夕方に結構釣れた増田川(写真)が気になったので、21日の仕事前に少し釣ろうと思って6時に入渓・・・震えるほど寒く手が悴みます。1時間ほどであまりの寒さに退散・・・4尾釣れました。81

そして土曜日は、朝6時にK君の家に集合してあまぬまへ入りました。朝のうちは肌寒く、喰いが渋かったのですが気温が上がるとともに各所に散っていたニジマスがバタバタと釣れ始めました。
型が良いので10尾以上も釣ると魚籠が一杯になってしまいます。クーラーボックスに入れたあと、上下に移動して6尾追加してお昼です。
その後、下あまぬまに移動して釣り上がってみると、ここでもポツポツと釣れました。10尾追加して3時30分に終了。合計
26尾でした。107

23日(日)は、都合があって10時半に出勤です。下流に下っていると予測して碓氷川の中瀬大橋から釣りあがりますが、朝から攻められているようで当りがありません。昨日釣れた「下あまぬま」まで行くとK君とKOさん結構釣っています。
そして、上流の給食センター下で入れ掛かっている2人連れがいます。其処に入れてもらって
9尾・・・遅いお昼を食べて再開しますが、まったく釣れずに3時に終了しました。116

仕掛けは黒フロロの0.25号、針はゼロ針5号、餌はイクラ・養殖ブドウ・川虫でした。
03月20日(木) 春のお彼岸、恒例のニジマス放流です。ところが昨夕から雨、気温は低く濁って増水です。1日の解禁も増水と濁り・・・今年の放流日は何時もこうです。

7時に支部長宅に集合して松井田地区には420kgを放流し、その後、私達はあまぬま入りました。
12時に解禁でしたが、さらに増水、寒さに耐えながら竿を出しますが釣れません。一人減り、また一人と釣れずに帰って数名になってしまいました。それでもと頑張りますが、釣った人で3〜5尾程度です。4時まで釣りましたが諦めて帰路に・・・でも?と思って増田川の放流場所に行くと濁りは取れ、数名が釣っています。見ると渕での浮き釣りで下流の瀬は誰もやっていないようです。それではと竿を出すといますね〜。30分ほどやって8尾追加して合計
11尾でした。

仕掛けはフロロの0.6号、針はマス針7号ほか、餌はイクラ・養殖ブドウでした。77
03月16日(日) 昨日の土曜はいろいろと用事があって10時30分から1時間だけ近くの沢で釣りをすることができました。ヤマメ7尾ヒットでしたが痩せていたため20cm以上だけキープで2尾でした。52

今日はK君と相談して地元は場荒れで期待薄との結論に達し、先週と同じく吾妻漁協管内のN川支流に決定です。しかし、ゆっくりと出発したため目的の場所は人・ひと・ヒトです。
最上流に入って水量の少ない場所でしたが丁寧に攻めてヤマメ10尾でした。
ここも10時30分には切り上げてN川に移動してみるものの方々に先行者が居てヤマメ3尾、帰り道の川でお昼を食べてからちょこっと竿だしでヤマメ1尾で2時終了、17〜21cmのヤマメ
14尾でした。

仕掛けは黒フロロの0.25号ほか、針はゼロヤマメ5号ほか、餌はイクラでした。66
03月08日(土) 渓流解禁後初めての吾妻管内の釣行です。前日飲み会だったためK君とゆっくりと7時出発です。
最初はF沢に、まだ雪があって水温も低くアタリがほとんどありません。やっとキープサイズのヤマメを1尾釣ってギブアップ。
次はS沢に・・・ここも水が少なくヤマメ4、イワナ1でバラシが2尾。ここではK君が35cmのイワナをゲットです!
次はN川支流に行ってヤマメ4でした。ここでも結構良い型が掛かったのですが痛恨の糸切れ一発でした。
何処も水が少なく雪もあって天然ものはまだまだ渋いです。ヤマメ9、イワナ1の
10尾でした。その後は上州管内を偵察してきましたが、あまり出ていないようでした。

仕掛けは黒フロロの0.25号ほか、針はゼロヤマメ5号ほか、餌はイクラor養殖ブドウでした。50
03月02日(日) 解禁2日目、前日とことん攻められて場荒れしています。昨日、結構出たというM川に6時30分頃にK君と入りました。既に仲間のKOさん達2名が釣っていました。

非常に寒く手がかじかんで大変です。暫く釣っていると「大きい!!」との声がして振り向くとKOさんの竿が弓なりになっています。さらにあっちに走られこっちに走られと・・・何とタモ網を持っていません。慌てて手助けに行きます。
上がった魚はヒレピンの51cmのイワナ(写真)です。(こんな小さな川でこんなに大きいイワナが居るのですかねぇ〜!)
その後下流に行ってニジマス7、ヤマメ2、イワナ1の
10尾ほど上げて11時に終了。その後はあっちこっちを偵察して回っただけでした。

仕掛けは黒フロロの0.25号ほか、針はゼロヤマメ5号ほか、餌はイクラor養殖ブドウでした。40
03月01日(土) 平成20年度渓流の解禁です。上州漁協は鏑川水系が前日放流、碓氷・烏川水系が当日放流になってしまいました(ヤマメなどは入れても直ぐ釣れないのだけども・・・)。

放流作業は8時半集合なので、その前に6時出発でK君と一山越えたO川に入りました。既に2名の釣り人が居ましたが入れてもらって開始。直ぐにヤマメが来ましたが型は小さいです。
8時までにヤマメ7尾を釣って放流作業であまぬまへ・・・しかし、なかなか荷が着きません。やっと放流しましたが川が濁り、さらに風が強く雨まで降ってきて数は伸びません。
今一度O川に戻って10尾前後を釣って、またまた碓氷川の中瀬へ・・・風が強い中数尾あげて4時に終了。ヤマメ17尾、ニジマス13尾、合計30尾でした。

仕掛けは黒フロロの0.25号ほか、針はゼロヤマメ5号ほか、餌はイクラorヤマメイクラでした。30


● 2007年の釣果

11月18日(日) 秋のマス釣りはいつも10月なのですが、今シーズンは11月になってしまいました。天気は冬型で寒く風もあって釣りには最低のコンディションです。
12時解禁で一斉に投入しましたが、なかなか釣れません。なんせ風が強くしかたないのでオモリを重くして竿をねせて釣ります。やっと釣れ始めると他で釣っていた人が集まってしまいました。方々でお祭り・・・。ここも釣れなくなって行ったり来たりです。風がさらに強くなって雪雲まで出てきてポツリポツリと降ってきて・・・とても耐え切れず2時半で終了
13尾でした。

仕掛けはフロロの0.8号、針はマス針7号、餌はヤマメ卵のイクラでした。315
 9月17日(月) 群馬県内は20日で渓流は閉漁です。3連休の最後の今日が私にとっては最後となりますが・・・子供や孫が遊びに来ているため彼らが寝ている早朝だけが釣りができる時間です。
今日は6時半に出発しましたがどうも釣れる気がしません。近くの幾つかの場所を回ってみましたがチビや外道ばかりで、キープサイズは
1尾のみで9時に終了しました。
そこここにゴミ・空き缶・空き瓶が捨てられていて、最後のお礼にと拾ってきました(写真)。来シーズンも楽しませてもらうことを願って!

仕掛けはフロロの0.25号ほか、針はゼロヤマメ5号ほか、餌はハチッコでした。302
 9月16日(日) 今日も孫達と出かけるため近場で数時間だけ釣ろうと一山越えたM川へ行くと既に先行者がいます。しかたなく少し戻ってT川に久しぶりに入りました。ここも先日の大雨で各所が崩れ、川の流れも一変しています。8時ごろに開始しチビヤマメが来て何となく嫌な予感・・・上流に上がって瀬尻まで流すと目印がスーッと・・・またチビか?とあわせると23cmのまあまあの型のヤマメです。さらに上流に移動しやはり瀬尻まで流すと目印が止まって・・・竿を押し出し気味に合わせると、またまたググッと大きな感触で24cmのヤマメ、なかなか良いかなと時間まで上流に上がることにして18〜24cmを4尾追加して10時に終了しました。本日の釣果はヤマメ6尾でした。明日も孫達が居るけど少しだけやろうかな!明日で渓流最後だものね!

仕掛けはフロロの0.25号ほか、針はゼロヤマメ5号ほか、餌はハチッコでした。301
 9月15日(土) 昨夜飲み会で飲みすぎて朝起きられずに9時半にフラフラと出発、遠くまで行く意欲もなく久しぶりに碓氷川支流のK川に行って見ました。先日の台風で川の様子は一変し、まだ水も高いので支流のM川の合流で竿出ししました。直ぐに22cmのヤマメが釣れ、その上流で18cm・・・しかし、出水で流されたのか上流は当たりがありません。ここを諦めてY沢に移動しました。ここは、いつもなら釣りにならない沢なのですが、程よい増水で型は良くありませんがキープサイズが立て続けに釣れてお昼(午後は孫達が来るので早上がり)の終了までに12尾になり、合計14尾でした。
1尾ナガレモンのハイブリッド?(写真)が釣れましたが、異様な魚ですね!

仕掛けはフロロの0.25号ほか、針はゼロヤマメ5号ほか、餌はハチッコでした。295
 9月 9日(日) 碓氷川や烏川の水は引かず(あまぬまの飛び石付近は写真のように石が堆積し飛び石の跡形もありません)、今日も渓流です。
そして、相も変わらず吾妻のS沢、F沢、I川、O沢、K川などを釣り歩いてきました。S沢は昨日が右、今日は左の支流にかえてヤマメ3、イワナ3が釣れました。F沢はかなり水位が高かったのですがヤマメ・イワナ各1尾ずつを追加、I川は木っ端ヤマメばかりで早々に切り上げ、O沢は先行者があって偵察だけで竿を出さず、最後はK川の上流にはいりました。笹濁りで水位は多少高く、木っ端ヤマメの餌取りに悩まされましたが、何とかキープサイズを5尾上げて合計
13尾でした。この川には、かなりの数の稚魚がいるので、来シーズンにつながるといいですね。

仕掛けはフロロの0.25号ほか、針はゼロヤマメ5号ほか、餌はハチッコでした。281
 9月 8日(土) 何と3ヶ月ぶりの渓流です(実はアユ釣りに行った時の合間にチョコっとやって合計12尾釣っては居ますが・・・256)。
昨日の台風で大増水・・・アユは下ってしまったでしょうか? ともあれ、アユは無理なので渓流に行くことにしました。
Yさん、K君と6時に出発、しかし、地蔵峠が土砂崩れで通行止めです。安榛トンネルを通って倉渕、東吾妻へと入っていきました。N川とK川は増水で×、S沢が多少水位が高く濁っているものの出来そうなので左右の沢に分かれて開始しました。瀬脇で早速20cmのイワナがヒットしましたが、後はリリースサイズばかりです。上流の橋でやっとキープサイズのヤマメが出て、その後はヤマメの連続となりました。堰堤手前で25cmが出て終了して車に戻りましたが左に行ったYさんが戻っていません。時間つぶしに再度同じコースを丁寧に釣り上がり、4尾掛けて10尾になりました。Yさんと合流した後、下流に釣り下がって滝下の瀬尻で25cmを1尾追加してS沢を終了です。
I川に移動して開始しますが先行は居るし、気温が上がって汗だく・・・何箇所か移動しましたが芳しくなく1尾のみ。その後K川を数箇所やってみましたが×、イワナ1、ヤマメ11の合計
12尾で3時過ぎに終了しました。
仕掛けはフロロの0.25号ほか、針はゼロヤマメ5号ほか、餌はキジ、ハチッコでした。268
 5月26日(土) 今日は8時30分からヤマメの稚魚の放流作業でした。増田川や九十九川の上流へ約1万8千匹を放流しました。作業は10時には終わったのでYさん、K君と吾妻管内の何時もの渓流にいきました。
昨日の雨で状況は良いのかと期待していましたが、思ったよりも水は少なく気温も高く・・・11時頃に到着していつものとおり上下流に分かれて入りました。私は最上流に入って釣り始めると1投目に20cmのイワナ、暫く遡上してイワナ、次はヤマメと20cmクラスが続いて・・・1時までに7尾をキープしてきました。一番上流のポイントで尺ヤマメを逃して嘆くことしきりです。
遅い昼を食べてから2沢ほど梯子しましたがキープサイズは釣れず帰宅の途に・・・Kくんが増田川をちょっと見ていこうかと言うので5時頃から30分ほど竿を出すとヤマメ1、ニジマス1が釣れ合計
9尾となりました。

仕掛けはフロロの0.25号、針はゼロヤマメ5号、餌はピンチョロ、ハチッコでした。244
 5月20日(日) 今日は渋川市中郷浅田河原(旧子持村)で第8回清流祭りでした。デモのあと子供さんや女性の方に釣り方の指導やハリを呑まれた魚はずしなど参加者のお手伝いをしていました。
そして、2時半にイベントは終了、後片付けを手伝ってから、イクラではあまり釣れなくなった残りマスを釣ってみました。川虫(ピンチョロ)に餌を変えて、細かく誘いながら釣り出すとポツポツですが釣れました。1時間半ほどでニジマス
15尾が釣れました。最大級は50cmあり、刺身とバター焼きにして食べてみました。脂が乗っていて美味しかったです。

仕掛けはハリス0.8号、針はスレ針8号、餌はピンチョロでした。235
 5月19日(土) 朝から、結構強い雨。これは条件が最高、渓流釣りに絶対行かなければと言うことでYさん、K君と吾妻漁協管内の支流に入りました。
案の定、川は笹にごりで食いは立っていました。しかし、型はあまり良くなく24cm〜16cmでイワナとヤマメが半々でした。
最初は、何時ものとおり3人で上中下に分かれて入り、私は今回は最上流でヤマメ1、イワナ6、次に入った場所は真ん中でヤマメ3、イワナ4、そしてその下流でヤマメ4を釣ってお昼です。
遅い昼を食べた後、チョコッと釣ってヤマメ2尾を追加して定量となり、2時30分に終了しました。ヤマメ10尾、イワナ10尾、合計
20尾でした。
今日は小さめな魚で甘露煮を作ってみました。

仕掛けはフロロの0.25号、ゼロ針5号、餌はピンチョロでした。220
 5月15日(火)

歯医者、垣根の剪定、HPの更新等・・・やらなければならないことが溜まってしまい1日休暇を取りました。
ちょうど、その日に魚道工事の試験放流と言うことで増田川・芦の和田橋にニジマスの放流がありました(本当かよ?その日に合わせたのだろう!)
10時に放流と言うことで早めに出て川虫を捕って放流場所へ着いてみると、川は平らに均され石がランダムに置いてあるだけで釣りが出来るような場所がありません。監視仲間と石を積んで深みを作り何とか釣り場所を設置しました。
10時に魚が到着し放流作業を行い、釣り人も準備できたところで10時30分にロケット花火を合図に開始です。皆が数尾を釣り上げたころにはイクラ餌を食べなくなってしまい「食いが悪いなぁ〜」の声が・・・では、ではとピンチョロの房掛けで投入すると面白いように釣れます。お昼頃までに魚籠が一杯になって一度クーラーボックスにあけて、昼飯を食べ1時頃に再開しました。
あちこちを拾い釣りをしてみると、なかには24cm程度のヒレピンのヤマメなども出ました。最後に大きいのがいるけど釣れないと言うポイントへ投入して微妙なアタリに合わせるとググッと強い引きです。必死に止めますが上流に上がられ、それでも竿を絞って浅瀬に寄せてタモ網ですくうと42cmのニジマスでした。ここで歯医者に行く時間が来たので2時に十分満足して終了しました。ヤマメ1尾、ニジマス38尾、合計
39尾でした。

仕掛けはフロロの0.8号、マスすれ針8号、餌はイクラ、ピンチョロでした。
200

 5月12日(土)〜
 5月13日(月)
全日本NFS渓流スペシャルトーナメントin利根川が渋川市で2日間にわたって開催され参加してきました。
初日の12日は釣法別の講習及び実釣会で、私は薄根川に入ってみました。すでにアユが放流され、ヤマメの稚魚も放されてちびっ子の餌取りと風に悩まされましたが、25cmを頭に
7尾のヤマメを釣らさせていただきました。
二日目は本番のトーナメントで群馬県内を会場に13時検量で2尾の長寸と言うルールで、参加者約50名で争われました。
私は吾妻漁協管内に入りましたが水も少なく風もあって苦戦し型の良い2尾が釣れません。しかたなく支流の最上流に行ってみましたが、ここも芳しくなく20cmのヤマメとイワナが釣れ、他は16〜17cmのヤマメを8尾釣って合計
10尾で11時30分に終了しました。
上位3人は利根本流で釣った方たちで、やはり型はいいですね。ちなみに私は13位で当日賞でした。

仕掛けはフロロの0.3号、ゼロ針5号、餌はクロカワ、ピンチョロでした。161
 4月28日(土)〜
 4月30日(月)


 5月 3日(木)〜
 5月 6日(日)
 釣りは無し
待ちに待った?GWの3連休です。川に山に思いっきり遊ぶぞ・・・?
第一日目、まずは西上州の県境付近に山菜採りです。毎年、タラノメ、コシアブラ、サンショウ、ワラビなどが沢山取れる場所に行くと・・・暖冬で早くなるかなと思っていた山菜の芽は何時もより遅く、ワラビはまだまだ出始め、タラノメは伸びられず、コシアブラは芽も開いていません。サンショウだけが丁度採り頃で、サンショウを専門にレジ袋に一つ採ってきました。車に戻ってお昼を食べてから、目の前の沢で釣りを開始しましたが、急に真っ暗になってゴロゴロと雷と雨・・・そして気温低下で30分も釣らないうちにイワナを
2尾釣り上げたところで終了しました。
第二日目、昨日山菜採りに行った場所の下流の沢に、Yさん・K君と私が上中下に分かれて入りました。朝は昨日の低気圧の影響か寒く防寒着を着ての釣りです。1投目から当たりがあったのですがイワナと思っていたので遅合わせでのりません!
次も、当たりが有ってもまたバラシ・・・その次の微妙な当たりで合わせるとヤマメが釣れて・・・なんだヤマメかと言う事で早合わせで釣リ上がりヤマメ6尾、イワナ1尾でした。その後幾つかの沢を回っても水が少なく釣りにならずお昼を食べて終了、ヤマメ7尾、イワナ1尾、合計
8尾でした。他の仲間に電話してK君の家でBBQとなりました。
第三日目、なんと三日とも同じ場所へ・・・昨夜のBBQで決まった山菜取りに同じ場所に5人で来てしまいました。目的はもちろんサンショウ・・・私はパリパリ煮と醤油漬けを作りたくて1袋を目標に摘みました。その後、皆よりも早めに車に戻って、11時30分〜12時30分まで目前の川で釣ってイワナを10尾以上かけ
5尾をキープしました。

仕掛けはフロロの0.25号or0.3号、ゼロ針5号、餌はオニチョロ、ピンチョロでした。144

追加:連休後半は4日間釣り無し、1日目の5月3日に山菜採り(タラノメ・コシアブラ・コゴミ・セリ・ウド・センノキ・タカノツメetcを美味しく戴きました。)に行っただけで、あとは孫と遊んでいました。しっかり爺ちゃんしています。
 4月21日(土) 先週行ってタラノメが少し早かったU川上流に山菜採りを主に「ちょっこと渓流」に行ってきました。
朝7時にK君の車でYさんと3名で出発です。7時40分ごろ到着してみると、ここ2・3日の寒さで伸びが遅く、陽だまりで丁度良いくらいで暫く採った後、上流へ移動すると車が1台有ります・・・なんだぁ・・・知り合いのKAさんで、これから釣り上がるそうです。こちらは山菜採りが主ですから・・・どうぞお先に・・・。
一通りタラノメを採り終って、KAさんが入った上流を10時30分頃から30分程度釣ってみましたが当たりがたったの1回で下流に移動、Yさんはタラノメ採り、K君は車を止めた場所から上流へ釣り、私は下流に移動して釣りを再開しました。なんと1投目から目印がスッと止まって、合わせると良い引きです。少し痩せていましたが27cmのヤマメが上がってきました。・・・が、その後はバラシが数度ありましたが数は増えずに、ここも終了です。
あっちの渓こっちの渓と、移動しますが釣り人が多くなかなか竿が出せません。結局、昼を食べ終わって午前中と同じU川上流域・ダム下に入りました。またまた1投目で目印がスッ・・・即座にあわせると何とニジマスです?。何でこんな所でニジマスが釣れるのよ?。誰が放流したのでしょう、決めた場所にちゃんと放流してくださいね(ここまででヤマメ2、ニジマス1、合計3尾
当たりが無いので竿を畳んで再度山菜採りです。セリやミツバを摘んで、ちょっと遠回りになるけれどコゴミが有る場所を回って帰りました。今夜も、おひたしやテンプラなどの山菜づくしで婿さんと一杯やりました。

本日の仕掛けはフロロの0.25号、ゼロ針5号、餌はオニチョロ、ピンチョロでした。129
 4月14日(土) 昨日も仕事で碓氷川を右往左往していたのですが、今日は心機一転、趣味としてU川の上流区域に入りました。
朝6時にK君の車で出発です。目的地に着いて下流まで歩いて橋の袂から入渓、水は少なくて上流にある温泉排水のせいか落ち込みの下が泡だって居ます。「ここも随分汚くなったね・・・!」と話しながらも遡行・・・当たりがあっても16cmギリギリのヤマメが数尾釣れた程度で、ほとんどは「大きくなって来いよ!」とリリースです。そして、良い型はバラシ(落とした魚は大きいの例え!)でなかなか釣果は伸びません。上流の堰堤まで釣り上がってヤマメ5尾でした。
車に戻って「次は何処へ行こうか?」「ん〜」・・・で、以前は良く通った上流の某川へ久しぶりに入ってみました。最上流部に先行者の車が有ったので、その下流に入りました。スギを伐採して川に伐り込んであって釣りづらいのですが魚影は濃く・・・といっても水位が低くて魚が口を使ってくれませんし、直ぐに岩の下に隠れてしまいます。
それでも何とか騙しながら釣ってイワナ4尾、ヤマメ1尾を追加し合計
10尾でした。126
歩いて帰る道すがら、ちょっと早めだったのですがタラノメを採って・・・夕飯は、釣ってきた魚を三枚におろしたものとタラノメ、自家栽培のギョウジャニンニクなどのテンプラでした。(今夜も飲みすぎて・・・)

本日の仕掛けはフロロの0.25号、ゼロ針5号、餌はオニチョロ、ピンチョロでした。
 4月 7日(土) 昨日は仕事場の歓送迎会で2次会まで行ってしまい最終電車で帰って寝たのは???。朝6時に重たい頭でK君の家へ集合してYさんと3人で吾妻管内の支流へ入りました。気温は10度でちょっと低いかな・・・そして水温も低く当たりがまるっきりありません。Yさんがリリースサイズを1尾上げただけで3人ともボーズ。諦めて戻る途中ワサビの新芽が丁度食べごろで摘むことに・・・そして少し上がると丁度良いフキノトウが・・・これも戴いて魚籠は魚でなく山菜で満タンです。
車に戻って上流へ移動し再開です。ここも当たりはほとんど無くK君がイワナを1尾、私がヤマメ1尾で他の収穫は無しでお昼です。その後2箇所ほど釣り歩いて私はヤマメを合計
4尾で終了しました。116
その後、先々週沢山生えていたセリを見に行くと丁度良い大きさになっていてこれも戴き、今日は山菜採り(写真)の日になってしまいました。山菜ページへ!
夕食はヤマメを背開きにして天婦羅、フキノトウの天婦羅とふき味噌、セリはおひたしと天婦羅(エビとのかき揚)、ワサビは天婦羅とおひたしで戴きました。

本日の仕掛けはフロロの0.25号、ゼロ針5号、餌はカワムシでした。
 4月 1日(日) 今日は恒例の吾妻漁協のニジマス放流・・・そして何時もの温川キャンプ場へYさん、K君、Mちゃんの4人で行きました。9時過ぎに到着して準備を整えて、到着したトラックからマスの放流を手伝って解禁時間までしばしの休憩です。
10時30分に開始、ところが喰いの悪いこと悪いこと・・・なかなか釣れません!上流を見ても下流を見ても竿を絞っている人が少ないのです。今日のニジマスは餌をたっぷり食べてきたのでしょうか? 本当にポツリポツリしか釣れないで1時までに16尾でした。
遅いお昼を食べてから細糸とゼロ針で再開、相変わらず食い渋っていましたが、お祭り騒ぎに石の下から出てきたイワナやヤマメも釣れてきました。Mちゃんは泣き尺29cmのイワナを上げて、私は20cm程度のヤマメを2尾上げました。4時まで釣って後半は9尾を追加して合計
25尾でした。112

本日の仕掛けはフロロの0.8号、マス針8号、餌はイクラ、後半はフロロの0.3号、ゼロ針5号、餌はイクラ及びカワムシでした。
 3月25日(日) 昨夜から雨・・・朝は強く降っていて増水ぎみ?、そして気温も低くないので期待が持てます。・・・ということでK君と話し合って吾妻川水系の支流に入ることにしました。前回Yさんが良形を釣ったポイントへ入って第1投目に20cmくらいのイワナがヒットして「ほら!K君釣れたよ」って言うか言わないかのうちにハリス切れでポチャン・・・。K君はその下流のポイントで同形のイワナをゲットしてニコニコ・・・ですが、その後が全然つながりません。小型ばかりでリリースの連続と良形のバラシで、まずはボウズです。
ところが「雨後の筍」ではないのですが、釣り人が湧いてくるように現れて、挙句の果ては上流に入られてしまい、仕方ないので場所を変えて釣り始めるとヤマメを立て続けに4尾ゲットして、山ひとつ越えた支流に移動してヤマメを6尾、次の支流で1尾釣ってお昼にしました。その後は当たりも無いのでフキノトウを採ったり、セリを採ったりして帰路に着きました。帰り際に碓氷川に様子を見に行くと結構増水していて笹濁りなので釣れそうだねと、クロカワムシを採って始めると2投目でニジマスが釣れましたが続かず1時間も粘ってマスを1尾追加、その後はあたりも無くなって終了。ヤマメ11尾、ニジマス2尾合計
13尾でした。87

本日の仕掛けはフロロの0.3号、ゼロ針5号、餌はイクラ及びクロカワムシ(碓氷川)でした。
 3月24日(土) 上州漁協管内の碓氷川に残りマスを釣ろうと入りましたが、朝は寒く水も少なくて極端に悪くて、何処へ行っても当たりすらありません。
仕方ないので倒れた案山子を直したり、セリを採ったり、用水路をガサガサしてホトケドジョウやドジョウの写真を撮ったりしていました。
碓氷川の久保井戸堰堤から碓氷製糸まで、細切れに歩いて中瀬橋下流でニジマスが1尾出ただけでした。それならばと、増田川に行ってみたのですが、ここもほとんど当たり無しでヤマメ1尾だけでした。本日はこの
2尾だけでした。74

本日の仕掛けはフロロの0.25号、ゼロ針5号、餌はイクラ及びクロカワムシでした。
 3月21日(水・祝日) 上州漁協恒例のニジマスの放流です。役員は朝7時30分に集合して、碓氷製糸・中瀬・広谷橋・増田川大原橋に放流作業・そして12時の解禁まで見張りです。

私はK君と碓氷製糸で10時から監視、そしてやっと12時で解禁です。
魚が大きくてハリス切れが続出・・・少し太めのハリスに変えて再度挑戦・・・フカンドの釣れ方が悪くなったので下流の瀬に入ると、下っていたマスが入れがかり・・・途中で入りきらなくなった魚籠を開けて(釣り過ぎ!)下流で再度開始・・・食い渋って石の下に隠れたマスを騙しだまし釣って、さらに魚籠7分目で4時頃に終了しました。

家へ帰って数えてみると赤穂義士と同じ数(
47尾)で、捌くのに30分以上かかってしまいました。渓流解禁初期に釣りに入れなかった分をニジマスですが釣らせていただきました。72

本日の仕掛けはフロロの0.8号、マス針8号、餌はイクラでした。
 3月18日(日) 昨日は冬芽の自然観察会で釣りには行けませんでした。そして本日が今シーズン3度目の渓流で、先週と同じくYさん、K君の3人で分かれての釣りですが、冬に戻ってしまったような厳しい寒さです。雪雲の動きが早く吾妻管内の渓流は風花が舞っていて手はかじかんでしまい、さらに水量も少なくて当たりはほとんどありませんでした。
上流に移動して小さなポイントをせめて16〜21cmのヤマメ4尾をやっと釣って、次の沢に移動・・・ここも水量が少なく渕の中から23cmのイワナを1尾引っ張り出しておしまい。次の沢でヤマメを3尾追加して、あまりの寒さと釣れない状況にあきれはてて、お昼を食べて幾つかの川を見たものの釣れそうもないので2時に竿をたたみました。ヤマメ7尾イワナ1尾の
合計8尾でした。25

本日の仕掛けはフロロの0.25号、ゼロ針5号、餌はイクラと養殖ブドウでした。
 3月11日(日) 今日も、吾妻管内の支流へ、そしてYさん・K君との3人連れです。そして、そして今日も雨で・・・吾妻はみぞれでした。私は下流から、その上流をK君、さらに上流をYさんと別れて入りました。当たりはたくさんあるのですがキープサイズが出ません。30尾以上をかけてキープはヤマメ6尾でした。K君と合流してYさんを探しに上流へ・・・するとニコニコ顔のYさんが下ってきます。びくの中を見ると大型ばかりのヤマメとイワナが6尾・・・入る場所を間違った!!
さらに、上流へ移動してまたまた分かれて釣り開始・・・出ません・・・1尾型の良いのを落として移動、ところが上流へ入ったYさんは、またまた良形を3尾持っています。ん〜今日は、選択の失敗です。その後、上流をちょこっとやって私はヤマメ2尾追加しました。
この頃から風が強くなって釣りにならず、かつ寒くて山の中に移動してお昼を食べて再開です。1尾追加しましたが、あまり釣れずに2時に終了しました。
合計ヤマメ9尾でした。17

本日の仕掛けはフロロの0.25号、ゼロ針5号、餌はイクラと極小イクラ・養殖ブドウでした。
 3月10日(土) 2007年最初の渓流釣りです。仕事と初節句などで釣りには行けずに解禁してから、すでに10日もたってしまいました。
地元の放流魚は場荒れして芳しくない様子・・・それでは天然ものを狙おうかと、K君と吾妻管内の支流へ朝6時に出発しました。
ところが地蔵峠の登りになる付近から車窓の景色が白っぽくなってくるではありませんか・・・おいおい雪だぜ、今まで暖冬だったのに・・・そして倉渕側は真っ白、さらに萩生のあたりからは雪が多くなって、最初の目的の川は写真のとおりの景色です。
山から太陽が昇り、多少暖かくなるのをまって釣り始めました。写真中央の堰堤下右岸で22cmくらいのイワナが一発でヒット・・・なんだぁ釣れるじゃん!・・・でも、その後が続きません。釣れるのはリリースサイズの錆びたヤマメばかりで、何とか4尾をキープ、そして次の沢へ・・・滝つぼで粘って本日最大の25cmのイワナと小さ目のヤマメを釣って3番目の沢へ入り・・・と幾つかはしごをして、やっとヤマメ6、イワナ2尾、
計8尾の釣果でした。8

本日の仕掛けはフロロの0.25号、ゼロ針5号、餌はイクラと極小イクラ(ヤマメの卵)でした。極小イクラの喰いは渋い中でも抜群で、ほとんどの魚がこの餌で釣れました。

● 2006年の釣果

10月15日(日) 渓流と言うかニジマス釣り、これで渓流竿は仕舞います。
安中の米山体育館前にニジマスの放流がありました。10時から開始のため8時半に集合してK君、U君、Yさんの四名で出発。1時間も前についてしまい、時間つぶしで疲れてしまいました。
やっと開始しましたが場所取りをしたところはあまり釣れず少し上流へ、そこで十数匹を釣ってお昼、再度挑戦という事で3時まで粘って6尾を追加で
19尾でした。368
 9月16日(土) 多分、今シーズン最後となる渓流釣り(明日は中学校時代の同窓会、そして明後日は二日酔い?)にYさん、Kさんと行って来ました。7時に出発、最初はシーズン一番お世話になったK川でちょこっとやってヤマメ1尾、次に足しげく通ったS川に入って18cm前後のヤマメ5、その次にH沢下流にある細流で今日の大物27cmのヤマメを1尾、上流でヤマメ1尾、O沢で22cmのヤマメ1尾、最後にK川上流でヤマメ1尾と拾い釣りをして合計10尾でした。吾妻の各沢にはよく遊ばせてもらいました。来年もよろしくと願いつつ今シーズンの渓流を一応終了といたしました。349
仕掛けはハリス0.3号、針はハンスレヒネリ7.5号、餌はハチッコでした。
 9月 9日(土) 2日前から雨、利根川も吾妻川の濁りで濁流です。これならば吾妻の渓流は条件がいいだろうと出かけましたが、予想に反して減水でした。
最初にF沢に6時到着しましたが減水で、下流の細流で22cm、24cmのヤマメが葦の間から出ただけで、その後あたりが無くてUターンしてS沢へ、ここも水が少なくヤマメとイワナを1尾づつ、K川に入って中流でヤマメ2尾、上流で2尾、最後に上州管内のK沢でヤマメ1尾の
合計9尾でした。339
仕掛けはハリス0.3号、針はハンスレヒネリ7.5号、餌はハチッコでした。
 9月 3日(日) 2日の土曜日から年に一度の夜間の勤務で朝8時30分に開放され、そのまま温川のキャンプ場へ直行して恒例となったお祭り・・・ニジマス釣りに参加しました。榛名湖のワカサギ釣りボートを横目に最短コースの伊香保→榛名湖→大戸と車を飛ばしました。なにかブレーキの利きが悪いな・・なんて思いながら10時に到着、すでに皆さんは準備して川の中で場所取りをしています。
早速、私も準備して仲間の所へ行って、暫く雑談をしていると10時半の開始時間になったので少し上流に移動して釣り始めました。ニジマスなのに食いが悪くあまり釣れず、魚は見えても食いつかない状況でお昼までに
12尾とカジカ1尾でした。330
お昼を食べながら雑談中にK君が後輪のブレーキオイルが漏れているよとの指摘・・・どおりで利きが悪いわけだ・・・と言うことで午後の釣りを中止して車の入院となってしまいました。
 8月26日(土) 午後から内山林業さんのフォレストシンポジュウムがあるので午前中だけと思い6時30分に出発、今期最初のO沢にはいりました。橋下流の岩滑では小型のヤマメばかり、橋上流で20cmくらいのイワナをバラシ、その後遡行を続けるもののリリースものばかりで移動。しかし、F沢は到る所に先行者の車が有って入れず、S沢、H沢は水が少なくて釣りにならず、数は少ないけど大型が居ると言うN川下流へ・・・崖を降りて遡行開始・・・瀬尻でスッと目印が動き合わせると25cmくらいのヤマメがヒット、これを大事に取り込んで、さらに上流へ行きましたが、その後当たりがなく再度移動しました。
終了予定の時間まで後2時間のため、何時ものK川へ入り、下流から丁寧に攻めると大型が結構ヒットして、18cm以上を含めて8尾が釣れました。合計でヤマメ
9尾でした。
仕掛けはハリス0.3号、針はゼロヤマメ7号、餌はハチッコでした。318
 8月19日(土) 今年初めて吾妻管内のF沢で釣りました。最近は人も多く場荒れきみだったので敬遠していたのですが、好調との情報が入って朝5時に出発し6時30分に入渓しました。
終了予定場所の少し下流に車を止めて道路を歩いて下流に行き釣り始めました。ツルヨシが繁茂してクモの巣も張って非常に釣りづらかったのですが、先行者が居ない証拠ですのでガマンガマン!。
最初から木葉ヤマメが入れがかり、4投目くらいで18cmがヒット、その後葦をかき分け暫く釣りにならず、開けた所でまたまた木葉・・・しかし、林内の流に入ってからは釣りやすく20cm前後が続き、また葦と交互に続いて何時めげるか?・・・結局、終了予定地まで頑張ってヤマメ18、イワナ1の合計
19尾でした。
仕掛けはハリス0.3号、針はゼロヤマメ7号、餌はハチッコでした。309
 8月 4日(金) 県民アユ釣り大会も終わり、他の仕事も一段落で今日は振替休日です。朝4時30分に出発して吾妻管内のK川に6時入川、一投目からバラシ・・・、そして上流の流れ込みで良い当たりがあって釣り上げ・・・、タモ網の手前でポチャン・・・今日は調子が悪いぞと思いながら上流へ・・・、やっと1尾目を魚篭に収めて一服です。
しかし、その上流はクモの巣だらけ・・・先行者が居ない証拠ではあるものの、これでは釣りになりません。仕掛けを5つもダメにして、型の良いのを5〜6本ばらしてしまいました。結局、17〜21cmのヤマメを
5尾釣って8時30分に終了しました。すでに太陽は高く気温は急上昇、汗だくで車に帰って次へ行こうと思いましたが・・・この暑さでは釣りをする気にならず帰宅しました。なんと前橋は37℃とか・・・
仕掛けはハリス0.25号、針はゼロヤマメ7号、餌はハチッコでした。290
 7月22日(土) 例年に無い大雨続き、何処の川も大増水アユはどうなってしまうのだろう?・・・と増水ならば渓流ということで吾妻漁協管内へK君と行って来ました。しかし、いつものK川は大増水で竿を出す状況ではなくS沢へ、ここも水量は多く竿を入れられるポイントは少なくヤマメ1、イワナ4のみ、その後F沢、O沢と見て歩くものの増水で退散、最後にN沢でK君が25cmオーバーのヤマメとイワナを釣りましたが私はボッ・・おまけとして上州漁協管内のK沢上流でヤマメ1尾を追加して合計6尾で終了しました。
仕掛けはハリス0.25号、針はゼロヤマメ6号、餌はハチッコでした。285
 7月 9日(日) 岐阜から帰ってきて土曜は叔母の法事、そして夜は大雨で碓氷川は増水と濁りのため鏑川の支流に渓流釣りに行ってきました。
こちらは平水以下であまり釣れません。先行者もあって場所を何箇所も変えて釣り歩きましたがヤマメ2、イワナ6の合計
8尾でした。
仕掛けはハリス0.25号、針はゼロヤマメ6号、餌はハチッコでした。279
 6月18日(日) 今日も昨夜の夕立で増水、アユの放流作業が中止で、他にもアユ釣りには行けない状況で渓流です。吾妻のS川は先行者ありで釣果少なく5尾、次にO沢に入って6尾、最後はH沢で5尾と支流を拾い歩きました。
どこも水が高く魚の活性は良かったです。7時30分〜4時まで釣ってヤマメ6、イワナ10、合計
16尾でした。
仕掛けはハリス0.25号、針はゼロヤマメ5号、餌はハチッコでした。271
 6月17日(土) またもや、木曜から金曜にかけての雨で増水、アユ釣りには行けないので渓流に、吾妻のS川へ行きました。昨夜は飲み会だったので、ゆっくり出て8時30分に到着、最初から25cmのイワナ、しかし今日はバラシが多くて釣果は伸びませんでした。少し下流に入りなおすと31cmのイワナがヒットして・・・まぁまぁの出来だったですね。
1時30分に終了してヤマメ1、イワナ9、合計
10尾でした。
仕掛けはハリス0.25号、針はゼロヤマメ5号、餌はハチッコでした。255
 6月10日(土) 昨日まで雨、結構強く降ったので増水と濁り、アユは諦めてK君と吾妻管内に渓流つりに行きました。
7時半にS川に到着。思ったよりも水が少なく、濁りも少ないので最初は釣れませんでしたが、しばらくするとポツポツ釣れだしました。碓氷川が増水で川虫が捕れずに今日はハチッコでしたが、まあまあに釣れヤマメ8尾、イワナ10尾でした。
遅いお昼を食べて、帰りの道沿いにあるK川に寄って・・・ヤマメを2尾追加して制限尾数
20尾ちょうどにして4時終了しました。
仕掛けはハリス0.25号、針はゼロヤマメ5号、餌はハチッコでした。245
 5月28日(日) 昨夜はアユ解禁前の夜間パトロール、雨が降って増水と濁り、明日は渓流が良いなと・・
朝6時に餌を捕りに川へ案の定増水で思ったようにチョロが取れません。30分以上掛かってしまい、目的地へ付いたのは7時30分。S沢は笹にごりで、結構当たりがあってイワナ11尾、ヤマメ5尾が釣れて16尾。
まだ11時だったので帰り道のK沢で少し、ここは少し強い濁りでしたがチョロで20cm程度のヤマメが4尾・・・制限尾数
20尾となったので1時30分に終了しました。
仕掛けはハリス0.25号、針はゼロヤマメ5号、餌はピンチョロでした。225
 5月16日(火) 振替休暇を取ったのに、家族サービスをと言うことで、仕方なく早朝だけ清流祭りの残りを釣りに行ってきました。朝五時に到着すると、すでに3名くらいが釣っていましたが釣れていない様子でした。それでも長竿を出して細糸、ゼロ針、川虫で開始しました。10分もしないうちに当たりがあってニジマス、その後もポツポツと釣れ7尾を釣り上げましたが7時を過ぎると当たりが止まってしまいました。そろそろ帰らなければと・・・コツと当たり・・・45cmくらいのニジマスがヒット・・0.25の細糸だよ。竿は硬いし無理だよ!・・・しばらく粘って寄せていましたが、やはり切れてしまって・・・心のこりながら8時に終了。
ニジマス6、ヤマメ2の合計
8尾でした。
仕掛けはハリス0.25号、針はゼロヤマメ5号、餌はピンチョロでした。205
 5月14日(日) 昨日は利根大堰へ稚アユの遡上調査(様子はこちらから)、今日は渋川市中郷浅田河原(旧子持村)で清流祭りでした。釣り方の指導やハリを呑まれた魚はずし、タモでの取り込みなどを参加者のお手伝いをしていました。そして、参加者の皆さんがイクラであまり釣れなくなってから、川虫に餌を変えて釣り出すと結構釣れるではないですか!2時間ほどでニジマス32尾釣ってしまいました。
仕掛けはハリス0.6号、針はハンスレヒネリ8号、餌はピンチョロでした。197
 5月 7日(日) 連休最終日・山菜採りの予定が雨のため中止・・・そして渓流へ。
上州漁協管内のN川上流へ昨日と同様にK君と出発し9時頃に開始。雨が止んで曇りの天気でしたが水量は変わらず、どうかなと心配でしたが一投目からヤマメ、次もヤマメと3尾続いてヤマメ、その後イワナが狙ったほとんどの瀬尻でヒット。しかし、K君と交互に釣ったため、籤運の悪い私のほうが型が小さい・・!!
曇り時々雨でイワナが瀬に出ていて、食い気も有って面白いように当たり、かなり上流まで粘ってしまったのでお昼は1時過ぎになってしまいました。その後下流で少し遊んで4時に終了しました。釣果は16〜21cmのヤマメ4、イワナ16の
合計20尾制限丁度でした。
仕掛けはハリス0.25号、針はゼロヤマメ5号、餌はピンチョロでした。165
 5月 6日(土) 連休2回目の渓流・・・朝6時に碓氷川でチョロを捕って6時30分出発、7時半過ぎに目的のK川に到着、しかし先行の白の4WDが停まっていたので下流に移動して開始・・・なかなかヒットせず18cmが1尾のみ、さらに上流に移動してみるものの人が多く、釣り下がってくる人まで居て終了。車に戻って○ールで休息・・・すると白の4WDが停まって・・「なんだ・・・○○さん・・あそこにいたの・・・何処まで上がった?」って言うことであまり釣り上がっていないようだったので挑戦してみると・・・出ます出ます・・・同行のK君と二人で2時までに7尾ずつ・・遅い昼を食べてN川の吾妻川合流付近から釣り上がって・・・K君がニジマス1尾で私はウグイ・・・4時近くなったので終了しました。釣果は17〜21cmのヤマメ8尾でした。
仕掛けはハリス0.25号、針はゼロヤマメ5号、餌はピンチョロでした。145
 5月 3日(水) 連休の初の29・30は山菜取りとアユの放流、BBQと釣りはなし、今日も山菜取り(コシアブラ・葉ワサビ・シドケなどが多少採れました)でしたが、帰る途中にちょこっとK川で竿を出してヤマメ4尾(18〜20cm)を釣りました。連休中は釣り人が多く山菜取りの方が確実ですね!
仕掛けはハリス0.25号、針はゼロヤマメ5号、餌はイクラでした。137
 4月15日(土) 昨夜は仕事場の歓送迎会で今日は二日酔いぎみ・・・K君の車で上州管内のN川支流に入りましたが、最初の沢は先行者があってダメ。別の沢に移動中本流で釣っている人がチラホラ・・・よく見ると無鑑札なので2名の方に日釣り券を買っていただきました。
その後かなり上流に9時ごろ入りましたが水が少なく気温も低くてイワナが1尾しか出ませんでした。その下流に移動してイワナを2尾追加。お昼を食べた後下流の沢に移動してヤマメを3尾、そのまた分流に入ってヤマメ7尾釣って合計
13尾で2時半に終了しました。型は16〜22cmでしたがヒレピンの天然ものでした。
仕掛けはハリス0.25号、針はゼロヤマメ5号、餌は川虫・イクラでした。133
 4月 2日(日) がまかつ・ファン・グループのヤマメ・寒バヤ釣り大会と総会に参加しました。天気は曇りときどき雨で気温6度
朝5時半子持の宮田橋上流に集合、受付・大会説明のあと6時半に各地に皆さんが散っていきました。
私は数日前にヤマメの成魚放流をしたという浅田河原へ7時に入りました。最初の当たりを取ってあわせると・・・何と穂先から仕掛けが外れて・・・最初からトラブル・・・気を取り直して仕掛けを付け替えて再出発・・その後あたりは無く、そして寒い・・・中の瀬を狙おうと川の中に入ると手前に魚影が見えます。何だ手前かと思い、岸に立って瀬尻を丁寧に攻めるとポツポツと当たり始めて10時までに制限
20尾になって終了しました。
その後、大物のニジマス狙いで吾妻川に入りましたが何の当たりも無く終了して検量に行きました。(検量は2尾の釣寸)私は合計41.2cmで数ミリの差で8位でした。
大物賞はヤマメ31cm、イワナ45cm、ニジマス50cmの人がいました。すごいですね・・・。
仕掛けはハリス0.25号、針はゼロヤマメ5号、餌は川虫・イクラでした。120
 3月25日(土) 午前中は用事があったので、お昼を食べてから家の近くの碓氷川へ行きました。川の水位は下がっていましたがぽかぽか陽気で川虫取りも手が冷たくなくて助かりました。
いつもの中瀬大橋上下で、中瀬裏から下あま沼まで釣り歩いてしまいました。4日前に放流したニジマスも下っていて、昨年稚魚で入れたヤマメも出始めてヤマメ5、ニジマス5の合計
10尾でした。
仕掛けはハリス0.3号、針はゼロヤマメ5号、餌はクロカワムシでした。100
 3月21日(火) 上州漁協管内のニジマス放流日です。12時竿だしなのに、松井田地区は前日に入れてしまったため早朝から監視しなければならず、私とK君と増田川の放流場所で一杯?やりながら監視していました。
11時を過ぎると人が集まってきて12時ぴったりに開始し皆結構釣っていたようでした。10尾ほど釣ったところでBBQで一休み、その後4時ごろまで釣って
23尾でした。碓氷川では50尾以上を釣った人もいたとか。90
 3月19日(日) 今日は風も強く、気温も低いので釣りはよそうかなと思ったのですが、虫がうずいて結局出かけてしまいました。友人のK君と上州漁協管内のY沢へ9時に入渓。沢はまだまだ雪や氷が残っていましたが天然が釣れることを期待して開始、暫くは当たりなしで今日はダメかなといやな思いが脳裏を・・・絶好ポイントに投入するとイワナ特有のコツコツという当たりがあって目印がスゥッと動いて・・・20cmが釣れ、さらに同じポイントで同型が釣れました。その後、また当たりはなく1時間以上遡上した頃、K君に1尾、私に1尾とポツポツとしか釣れず、終了目的地点までに11時30分に到着、2人とも3尾づつでした。でも天然のヒレピンのイワナで大満足でした。
仕掛けはハリス0.6号、針はゼロヤマメ6号、餌はイクラでした。67
 3月12日(日) 昨夕結構釣れた中瀬大橋へ、しかし寒く風も強くて釣りになりません。やっと夕方6時頃になって当たりが出始め、ウグイは沢山つれましたがヤマメは2尾のみでした。
仕掛けはハリス0.3号、針はゼロヤマメ5号、餌はクロカワムシでした。64
 3月11日(土) 昨日碓氷川に入った仲間があまり芳しくなかったということで1年ぶりに吾妻管内に入って、昨年良かったM沢、S沢、F沢、K川と釣り歩きましたが、水が少なく気温も低く、そして型も小さくてイワナ2尾、ヤマメ1尾でした。2時ごろ碓氷川に入って広谷、中瀬と釣り歩いてボッ・・・またまた、中瀬大橋上下流に入ってヤマメ7尾を釣ってやっとツ抜けの合計10尾でした。
仕掛けはハリス0.25号、針はゼロヤマメ5号、餌はイクラ、クロカワムシでした。62
 3月 8日(水) 今日は医者へ行くため午後休暇・・・診療後、夕間詰めの食い気の立つ時間になったのでちょこっと竿だししました。場所は中瀬大橋上下流で夕方6時までの1時間ちょいでヤマメ7、ニジマス3、合計10尾をゲットしました。
同じ頃に入ったK君は7時過ぎまでやって12尾と言っていました。やはり夕間詰めは良いですね!!
仕掛けはハリス0.3号、針はゼロヤマメ5号、餌はイクラでした。52
 3月 5日(日) まだ寒く水も冷たいため天然の魚は出ないと思い、また監視もあって、今日も、碓氷川で釣りました。朝7時に中瀬大橋の下流に入りましたが氷が張っている寒さで手も痺れるほどでヤマメ2、ニジマス1を釣って下あまぬまに移動してあまぬままで遡上しましたが当たりなしで、再度中瀬大橋に戻ってしばらくするとパタパタと釣れ始め12時までに18尾ほどになりました。少し渋りだしたので昼食を食べて1時に再開し5時まで釣って、ヤマメ9、ニジマス19、合計28尾でした。
仕掛けはハリス0.3号、針はゼロヤマメ5号、餌はイクラでした。42
 3月 4日(土) 上州漁協のニジマスの放流を9時に行いました。松井田地区は碓氷製糸、あまぬま、中瀬裏、中瀬、広谷、九十九の六ヶ所に約40kgづつ入れました。開始早々は水が冷たくあまり出ていないようでしたが、水が温まると結構釣れていたみたいでした。私は用事が有ったので午後1時にあまぬまに入って今期初めての渓流魚でした。既に下流の瀬まで下っていたニジマスをポツリポツリと釣って5時までに14尾でした。
仕掛けはハリス0.3号、針はゼロヤマメ5号、餌はイクラでした。14

● 2005年の釣果

10月 2日(日) 上州漁協のニジマスの放流がありました。安中市の九十九川米山体育館前10時開始で約50名ほどの釣り人で賑わっていました。岩滑の中で水も少なく直ぐに餌を追わなくなってしまい、午後仕事が有ることもあって40分ほどで納竿しました。ニジマス8尾でした。まだ沢山残っているので来週には大釣りが出来るかも?
 9月18日(日) 昨夜は漁協の支部の会議があって、その後慰労会で飲みすぎもあって出発時間が遅れてしまいました。
今日も残り少ない渓流へ、しかし人が多く場あれ+入る川がありません。あっちこっち行ってニジマス2、ヤマメ2の合計
4尾でした。
今日で今年の渓流は一応終了しました。255
 9月17日(土) 渓流の閉漁まであと数日、誰もが最後の連休と言うことでいたる所釣り人が入っています。吾妻のK君にF沢支川の穴場に案内してもらって、結構面白いと言うか変てこな・・・釣りをさせてもらいました。
結果として16cm〜26cmのヤマメ15、イワナ2で合計
17尾でした。
仕掛けはハリス0.6号、針はゼロバリ5号、餌は養殖ブドウでした。251
 9月11日(日) 衆議院選挙の投票に行った後、K君と最近入漁券を購入しない釣り人が多い南牧の監視を兼ねて渓流つりをしてきました。砥沢にルアーの二人連れがいたので入漁券の有無を聞いたところ持っていなかったので購入してもらいました。どうも、ルアーやフライの人、それも県外の人の無券が多いようです。入漁券が放流費用になるので、増殖をしなければならない内水面には購入が必要ですよね!
その後、村内の沢をチョコっと釣り歩いて、ヤマメ2、イワナ4、合計
6尾を釣りました。
午後も不携帯の人がいたのですが、年券は是非携帯して欲しいですね。234
 9月 8日(木) 台風が通り過ぎ、碓氷川や烏川が増水していたので、渓流にはいい状態ではないかと最後の夏休みを取って吾妻漁協管内へ・・・しかし、K川を見ると水位は変化無く、此処は攻められすぎているのでパスして、下流のS沢に入りました。
入って直ぐに岩滑上部で22cmのヤマメが出て幸先良いぞと思いながら上流へ、次も狙っていたチャラ瀬で思ったとおりのヤマメが出て(ニャニャ)・・・しかし、ここで竿の2番を折ってしまい(始めたばっかりなのに!)車に戻って竿を替えて、さらに上流に移動しイワナを4尾、左岸から入る支流に移ってヤマメ3、イワナ1を追加してS沢は終了しました。
帰り道に上州管内のK沢に入ってヤマメを5尾釣って餌も無くなってしまったので終了しました。ヤマメ10尾、イワナ5尾、合計
15尾でした。
型は18から25cm、仕掛けはハリス0.3号、針はハンスレ8号、餌はイクラと養殖ブドウでした。228
 9月 4日(日) 吾妻漁協のマス放流、温川のキャンプ場前で10時30分に開始して、放流数も少なかったこともあって12時までに8尾しか釣れませんでした。それでも天然のイワナやヤマメ、カジカも方々で釣れていました。
昼を食べて再度挑戦したものの釣れないので竿をたたみました。
帰り道にK川で16、18、28cmのヤマメを釣って終了。ヤマメ3尾、ニジマス8尾、合計
11尾でした。
仕掛けはハリス0.8号、針はハンスレ8号、餌はイクラと養殖ブドウでした。213
 8月27日(土) 友人のK君がお盆の期間中に毎日大釣りが出来たという吾妻のK川に行こうということで朝5時に出発。
まずは、F沢でも出ていたということで、入渓したものの小物ばかり、K君がキープサイズを2尾、私はボ・・。
次はついでにとS沢へ・・すでに誰かが歩いた跡が・・それでもイワナ4尾・・S沢の下流に移動してヤマメ2、イワナ1(此処では大型のヤマメ2尾をバラシ)・・
11時に本命のK川に到着し神社下から遡上し28cm1尾、上流で釣り上がっていた人が戻ってきたので、この上流は攻められた後と、2kmほど上流へ移動してヤマメ25〜28cmを3尾追加しました。其処でも釣り人が2名いて他の支流に移動、しかし小物ばかりでK川は終了して帰路に。
帰りの駄賃と烏川支流のK沢上流へ、そこで22〜25cmのヤマメ4尾を追加し雨も降ってきたので3時に終了しました。合計でヤマメ10、イワナ5、合計
15尾でした。仕掛けはハリス0.3号〜0.8号、針はゼロ針5号〜ハンスレ8号、餌は養殖ブドウでした。202
 8月18日(木) お盆中は夏休みだったけど竿は出さずに家族サービス、今日やっと釣りに・・・欲張って午前中は渓流、午後はアユの予定で・・・朝7時にK川の上流に到着、直ぐに15cmがヒット・・・リリース・・・続いてまた小物・・・昨日入ったK君は28cmの大物を釣ったと言うのに・・・橋の上流、葦際でやっと25cmが釣れたものの続かず、いったん下流へと移動して遡行しなおして4尾を追加。その後、車で下流に移動して2尾を追加して10時で終了しました。ヤマメ7尾、型は16から25cm、仕掛けはハリス0.3号、針はゼロ針5号、餌は養殖ブドウでした。187
 8月10日(水) 先日の県民アユ釣り大会の振替休暇を取って吾妻漁協のS川とK川へ渓流釣りに行ってきました。S川は少し水が少ないもののポイントポイントでイワナが釣れ大きいものは25cmありました。その後先週良かったK川へ移動すると、雨がポツリポツリと降ってきて、その内ザーザー降りに・・・雷も鳴ってカッパを取りに車にいったん戻って釣り始めたものの当たりが止まってしまい9時に終了しました。ヤマメ2、イワナ8、合計10尾でした。ハリス0.3号、針はゼロ針5号、餌は養殖ブドウでした。180
 7月31日(日) 昨夜は警報が出るほどの雷雨、川は増水してアユには午後からでないと無理ということで、吾妻漁協のF沢とK川に渓流釣りに行ってきました。
F沢はかなり濁って増水していましたがイワナ2尾とヤマメ3尾、K川ではヤマメ5尾の合計
10尾を釣ってお昼で終了しました。特にK川のヤマメは大きく25cmもあり、同行したK君は28cmのを上げていました。ハリス0.3号、針はゼロ針5号、餌は養殖ブドウでした。170
 7月16日(土) 西牧川でアユ釣りをして、あまり釣れないので、その上流のY川に3時から少しだけ釣りに入りました。イワナ2尾(18cm)を釣りました。160
 5月21日(土) 相変わらずの渇水、U川もK川も他の支流も水がありません。利根川だけは雪しろで増水、吾妻川は白く濁った酸性の水が流れとても釣る気になりません。T川で少し竿を出して30cmのニジマスを2尾、イワナを2尾釣って、その後吾妻川支流の沢に・・・ここも渇水で・・・でも無理やりイワナ2尾を引っ張り出して合計6尾でした。仕掛けは0.8号のフロロカーボン、8号の渓流針とハリス0.35号、針はゼロ針5号、餌はピンチョロでした。158
 5月17日(火) 上州漁協管内のU川も、K川も釣れているというので休暇を取って行ってみましたが、極端に水量が少なくあきらめて、日曜日に大きなニジマスやイワナを入れた利根川浅田河原に行きました。8時ころ到着すると15人ほどが餌、ルアー、テンカラと思い思いにやっていましたが、あまり釣れていないようでした。でも、ピンチョロやクロカワ、オニチョロをたくさん取ってきたので竿を出すことに・・・すると、すぐに当たりがあって立て続けに5尾を上げ、その後もあっちこっち移動しながら釣ってお昼までに15尾が釣れました。尺以下が5尾、尺以上が10尾とまあまあでした。最高は40cmで肉はサーモンピンクの色をしていましたのでムニエルにして美味しくいただきました。仕掛けは0.8号のフロロカーボン、8号の渓流針、餌はピンチョロでした。152
 5月15日(日) 子持村の利根川(浅田河原)で清流祭りがありました。私は招待されてデモンストレーションをしたり、脈釣りの指導をしたりしてきました。
祭りには知事や村長、県議等も参加しボランティア多数が手伝い、参加者も子供からお年寄りまでたくさんの方が参加しておりました。川に人工で作られた支流には20cmから60cmくらいのイワナやニジマスが放され12時から、たくさんの方が釣っていました。
私も子供たちに教えながら大きいのは40cmくらいのものまで含めて2時までに
15尾ほど釣れました。(写真は私)仕掛けは0.8号のフロロカーボン、8号の渓流針、餌はイクラ、ハチッコ、ピンチョロでした。137
 連休まとめて
 4月29日(金)10尾
 4月30日(土) 2尾
 5月 1日(日)山菜採り
 5月 2日(月) 9尾

 5月 3日(火)山菜採り
 
4月29日:連休初日、でも遠出は控えて家の前のU川へ。6時に開始して岩なめの中でイワナをヒット、大切に取り込んで、再度投入・・糸ふけが出て合わせると幅広のヤマメ・・抜きにかかって糸切れ・・あぁ。下流に移動していくと1名先行が・・でも様子がおかしい、友人の監視さんと見ているとアユを釣っている。すぐに注意・・漁業調整規則違反ですよ!きつくお灸をすえて・・ここでも釣れるからイワナでも釣りなさいよといいながら、違反者の目の前に投入すると、すぐにヒット「ねっ、釣れるでしょ!」と言いながら、再度ヒット、・・・手の内を見せてしまったかな?、そこで5尾を釣って再度上流へ移動し、瀬の中で良いあたりが出て・・尺イワナ、無事取り込み・・・てな調子でヤマメ1、イワナ9の合計10尾で10時半に終了しました。仕掛けはハリス0.6号、針はゼロ針6号、餌はクロカワムシ、オニチョロでした。
4月30日:2日目は9時から中体連の応援があるので、6時から7時30分までU川で竿を出しました。イワナ1、ニジマス1の合計
2尾でした。バラシ2尾ありました。まだまだいますね!仕掛けは昨日と同じです。
5月1日:釣りは無し。N村に山菜取り。タラノメ、コシアブラ、タカノツメ、ワラビ、サンショを採ってきました。夜は山菜のテンプラでした。
5月2日:昨夜が雨、少しは条件が良くなったかなと思いまたもや6時にU川に・・・しかし当たりは一つも無し。場荒れしてしまったのか・・・仕方なく7時30分、一山北のM川に移動して釣り上がること30分やっと当たりがあってイワナの28cm、その200m上流でヤマメ20cm、その上流300mでイワナ27cm、その上流でヤマメ2尾を釣って車に戻り、さらに上流へ移動し昼飯後砂防堰堤の中でイワナ2尾を追加。また下流に戻ってニジマス2尾を追加し合計
9尾で4時に終了しました。仕掛けはハリス0.35号、針はゼロ針5号、餌はクロカワムシ、オニチョロでした。122
5月3日:
釣りは無し。T町に山菜取り。タラノメ、コシアブラ、ワサビ、モミジガサを採ってきました。午後から仲間でBBQ!
 4月17日(日)  今日は午後に「ぐんまの遊漁連絡協議会」があるので、朝だけと思い6時に上州管内U川へ行きました。昨日型の良いのをばらしていたので、そこへ直行、1匹目はイワナの25cm、次に同じくイワナで30cmを釣り上げました。下流に移動するとなんと車が5台も止まっていて釣り人が何人も釣っていたので、仕方なく竿をたたんで上流へ行き、そこでイワナの29cmを上げて7時30分に終了。合計イワナ3尾でした。仕掛けはハリス0.6号、針はゼロ針6号、餌はクロカワムシ、オニチョロでした。101
 4月16日(土)  上州管内U川、先週と同じコースで開始、今日はK君が出足最高、私が餌を取っている間にイワナ2尾ゲット、その後下流でヤマメ2尾と続けて・・でも、私はボッ・・やっと来たイワナをばらして、またまた落ち込みました。その後ニジマス1、イワナ1で、下流に車で移動、岩滑の中でイワナ2、ニジマス1、そこから上流に再度移動してイワナ3尾を追加、さらに上流に移動してニジマス1、ヤマメ1を追加して合計10尾でした。型は20cm〜29cmでした。仕掛けはハリス0.6号、針はゼロ針6号、餌はクロカワムシ、オニチョロ、ピンチョロでした。オニチョロで型のいいのが来ました。98
 4月10日(日)  昨日と同じ上州漁協管内のU川で朝6時30分に昨日と逆コースで開始。2投目でニジマスがヒット、しかし糸切れ、次にイワナが来て・・・寄せでバラシ・・・いやな予感どおり、下流でニジマスをバラシ、かなり落ち込んでしまいました。その後、やっと取り込めてニジマスが3尾となりました。そこへ友人のK君とU君が来て、それぞれ数尾づつ釣り上げ、場荒れしたので上流へ遡行、ヤマメ4尾を釣って元の場所へ戻ると2人は下流で釣れている様子。彼らと合流し瀬を攻めてニジマス1尾を追加、さらに昼になったので車に戻る途中でイワナ1尾を釣って12時に終了しました。合計9尾、型は17cm〜26cmでした。仕掛けはハリス0.6号、針はゼロ針5号、餌はクロカワムシ、オニチョロ、ピンチョロでした。88
 4月 9日(土)  2回目のアユの放流が9時からあったので、午後1時からU川で渓流釣りをしました。川虫を捕り、目の前の瀬を攻めるとヤマメがヒット、3時までに6尾を掛けました。その後下流にに移動してテトラポット脇を丹念に釣るとニジマス3尾、イワナ2尾、ヤマメ1尾が釣れ5時に終了しました。合計で12尾で午後のかんかん照りの中でしたが、結構楽しませてもらいました。型は16cm〜25cmで、仕掛けはハリス0.6号、針はゼロ針5号、餌はクロカワムシでした。79
 4月 7日(木) 今日は中学校の入学式、来賓挨拶があるので1日休みを取って午前中に渓流へ。朝6時あまぬまでピンチョロを取ってM川上流へ、6時半開始で一投目から目印がスッと・・合わせるとクックと、しかしキラキラと光りながらハズレ!何と糸切れでした・・0.3号を張っていたので0.4号に変えて再度投入、またもや当たり・・でも、さっきのは確かにヤマメ・・でも今度はしっかりと取り入れました。25cmのイワナ、その上流のポイントでさらに同型を追加、今日は良いぞと思いながら葦際のチャラ瀬に流すと今度はヤマメ・・・と、楽しませてもらって10時30分に終了してヤマメ5尾、イワナ3尾、合計8尾でした。型は16cm〜25cmでした。仕掛けはハリス0.4号、針は半スレヒネリ7.5号、えさはピンチョロでした。67
 4月 3日(日)  相変わらず寒く水量も少ないので天然ものは釣れないと思い、例年4月の第一日曜日に行われる吾妻の温川のニジマス釣りに行きました。朝10時30分から開始、晴天でも気温が低く、今年は方流量も昨年の半分と言うことで、あまり釣れませんで10尾でした。1時ころからは雨も降ってきて終了。仕掛けはハリス0.8号、マス針8号、えさはイクラでした。59
 3月20日(日)  上州漁協のニジマスの放流、昨日の19日の午前中に放流したため朝早くから監視していました。開始は12時なのに5時間もカワウの見張りです。魚は案の定下っていました。12時開始で渕にたまっていた魚をみんながかたまって釣っていました。私も居そうな場所に入って釣りましたが食いは浅くばらすことが多かったです。それでも2時まで釣って22匹でした。
今日の各釣り場は順調な出足だったようです。安中の米山や射撃場前、中乗橋などは少なかったようで明日の穴場かも知れません。仕掛けはハリス0.8号、マス針8号、えさはイクラでした。49
 3月17日(木)  久しぶりで休暇、でもインターネットの接続をADSLに変更したので、2台のパソコンを設定変更、しかし、古いIBMが上手くいかず今朝4時まで設定にかかってしまいました。このため早く起きられず、釣りに行ったのは10時過ぎ・・吾妻F沢に11時に到着、小雨が降る中開始、でも当たりはまるっきり無く、やっと釣れたのは1時間ほどしてから、そこから遡上する事1時間・・2匹追加して1時に終了しました。18cmのヤマメが3尾でした。27
 3月12日(土)  今シーズン初めての吾妻管内で渓流釣りです。晴天で少し気温が低め、雪がまだ残っていて水量も少なく小ぶりのものがつれる程度で6尾釣って早々に切り上げ、小さな沢のはしごをする事にしました。N川下流はまるっきり当たり無し、S沢を下から攻めて1尾、次にI川で6尾・・・合計13尾(イワナ1、ヤマメ12)でした。型は16〜19cmでした。仕掛けは、水中糸0.4号、針はハンスレヒネリ7.5号、餌はイクラとブドウの虫でした。24
 3月 5日(土)  仕事で、渓流が解禁になってもいけないまま土曜日になってしまいました。上州漁協のニジマスの放流で9時集合で碓氷製糸、あまぬまへ放流、しかし、たったの30kgづつ、バケツに3〜4杯しか入れられませんでした。中瀬・広谷橋には100kg以上入った計算になります・・・。
 そして、寒い天気で 水温も低く案の定魚影は見えなくなってしまいました。既に釣り始めたところもあるとの電話で少し早めに開始しましたが誰も釣れません。飛び石からかけ坂の流れ込みまで釣り歩いてボウズ・・・もう一度かけ坂の流れ込みへ行ってやっと当たりが・・・ここで5尾・・・途中雪が降って来て最悪の条件になって、1時を過ぎて遅い昼飯を食べ、今度は下流へ・・・瀬の中に下ったニジマスがポツリポツリ釣れて6尾、合計で11尾でした。納得のいかない渓流初日でした。
11

● 2004年の釣果

10月 3日(日) 上州漁協のニジマス放流がありました。私たちは安中の米山体育館前に入川。雨で時々強く降る中10時に開始、岩滑の中の渕尻でコンスタントに釣れました。3時までに29匹でした。水中糸0.8号、針はマスバリ8号、餌はイクラとブドウの虫。
なんとブドウの虫にアユが食いついてきたり、アユがスレで掛かったりのハップニングもありました。見れば天然もので、まだまだ降河しないでアユがいるのですね!
 9月20日(月) 三連休は18日BBQ・19日は昨日の酒行がすぎてダウン、やっと20日に渓流へ、南牧村のK沢へ水量は少ないものの、あまり人が入っていなかったようでK君と交互に釣って、2人とも10匹づつ。結局、このまま11時で終了。17cm〜20cm。水中糸0.4号、針はハンスレヒネリ7.5号、餌はブドウの虫でした。上州の渓流も本日で終了。ところが、アユは碓氷川でまだまだ釣れていました。
 9月12日(日) 朝、霧がかかっていたので渓流へ行くことに。何時もとは方向を変えて下仁田のY沢へ7時入渓。イワナの沢なのでK君と交互に釣り遡行すること4時間。出水後で食い気がたっていて16cm〜28cmが19匹釣れました。水中糸0.4号、針はハンスレヒネリ7.5号、餌はブドウの虫。
 9月 5日(日) 昨日から大雨で増水して、結構釣れるのではと朝6時30分にS沢に入渓。かなりの濁りと草の繁茂がすごく、イワナが16〜21cmの3尾のみ。9時30分に上がって温川キャンプ場前へ、ここもかなりの増水で濁流。それでもニジマスの放流をするというので大粒の雨の中を竿出し・・・しかし、釣れないので移動を始めると、なんとキャンプ場の中を流れる小川で釣れているではないか・・・本流から引き入れた小川なのでそこへニジマスが入り込んで・・・ということで2時まで遊んでニジマス19尾、合計22尾でした。水中糸0.6号、針はハンスレヒネリ7.5号、餌はイクラとブドウの虫。
 5月22日(土) 台風一過、増水し、笹濁りになった川を目指して吾妻のY川に入渓、同行のK君はヒットが続くが私には無く餌の違いを痛感、後半から当たりが出始めヤマメ1、イワナ7が釣れました。昼を食べてから何時ものS川に入渓、既に足跡が沢山あり小ぶりが少し・・・しかし、K君は32cmのイワナをゲット・・・今日は何故?・・・S川でヤマメ2、イワナ3を追加、もうひと川をと・・I川に入渓、いたるところに釣り人がいてほんの一部分を釣行しヤマメ4を追加して、本日の釣果はヤマメ7、イワナ10合計17匹でした。型は16〜20cm、水中糸0.4号、針はハンスレヒネリ8号の通し、餌はブドウの虫。
 5月15日(土) 相変わらずのKHV騒ぎの中、やっと休みが・・でも昨夜の帰宅は午前1時・そして何時呼び出しが?
そんな中、釣り仲間と吾妻のN川に入渓、既に先行があって小物ばかり・・でもそれなりに楽しめヤマメ6、イワナ3でした。その後、I川に入って1時間ほど釣ってヤマメ5匹、合わせてヤマメ11匹、イワナ3匹、合計14匹でした。型は16〜20cmと小ぶりでした。水中糸0.4号、針はハンスレヒネリ8号の通し、餌はピンチョロ。
 5月 4日(火) コイヘルペスウイルス病騒ぎでまるっきり連休がつぶれました。今日もお昼頃には出勤予定!!その前に一釣りをと思って地元のT川へ、減水しているものの17cmから28cmがヒット、6時〜9時までにヤマメ7匹が釣れました。水中糸0.4号、針はハンスレヒネリ8号の通し、餌はピンチョロ。
 4月29日(木) みどりの日の休日、何処も人が多いだろうと地元のT川へ、水は少ないものの結構釣れて、7時から10時30分までで、ヤマメ8、ニジマス2の合計10匹の釣果でした。でも、何でニジマスがいるのだろうかこの川に?放流していないはずなのに不思議です。型は16〜22cmでした。水中糸0.4号、針はハンスレヒネリ7.5号の通し、餌はピンチョロでした。
その後、烏川へイワナの放流を見に行きましたが、ほとんど釣れていませんでした。やはり、臆病な魚なので時間がたたないと釣れないようです。1日頃が狙い目かも!!
 4月28日(水) 今日もアユの放流があって、休暇を取り、朝だけ渓流に・・・7時〜10時まで吾妻のS沢、K川へ入渓しました。ヤマメ6、イワナ2の合計8匹の釣果でした。型は16〜18cmでした。水中糸0.4号、針はハンスレヒネリ7.5号の通し、餌はピンチョロでした。
 4月18日(日) 昨日はアユの放流と鵜よけの糸はりでつりに行けず、今日も午後から用事で少ない間ですが、8時〜11時まで吾妻のN川入渓しました。合せが上手くいかないで何匹もばらし結局ヤマメ4匹の釣果でした。型は16〜18cmでした。水中糸0.25号、針はゼロバリ5号の通し、餌はピンチョロでした。
 4月 3日(土) 泊まりの歓送迎会で起きるのが遅くなって、吾妻のS沢へ10時に入渓、やっと天然ものを釣ることができました。水が極端に少なく魚影は濃いものの食い渋って、1時まで釣ってヤマメ3匹、イワナ5匹で合計8匹でした。水中糸0.4号、針は半すれヒネリ8号の通し、餌はブドウの虫でした。型は17cmから23cmでした。
 3月21日(日) 昨日のニジマスの釣り残りを狙って、8時ごろ碓氷川へ・・・出遅れで早くに入った人に釣られて食い渋り状態、九十九川へ行ってみても人が多く、結局碓氷川の中瀬大橋へ、すでに製錬に入れたマスが下ってきていて数匹釣れて11時に納竿、4匹でした。水中糸0.4号、針は半すれヒネリ8号の通し、餌はブドウの虫でした。
 3月20日(土) 寒いお彼岸になりました。相変わらず水量が少なくなっていました。昨日に放流したニジマス釣りです。12時に開始、ほとんど入れ掛り状態ですぐに魚篭が一杯になりました。魚篭を空けて再度釣り直しに行きましたが、今度は食い渋って下流へ行ったり上流へ行ったりして何とかツ抜け合計で39匹釣りました。水中糸0.8号、ハリス0.6号、オモリ2B、マス針8号で餌はイクラとブドウの虫でした。
 3月14日(日) 晴れて、寒い朝、雨が降らず水量が非常に少ない中、まずは増田川に・・投入一発でニジマスがヒット、すぐ上のポイントでもまた1匹、これは幸先がいいかなと思ったら、あとはずうと当たり一つない状態。あまりにもダメなので吾妻の温川へ・・ここでも水量が少なくほとんどダメ、ヤマメ1、イワナ1でした。合計4匹で終了。先が思いやられます。水中糸0.4号、針は半すれヒネリ8号の通し、餌はブドウの虫でした。
 3月 7日(日) 昨日に引き続いてあまぬまへニジマスを釣りに行きました。7時に到着、昨日と変わって既に5人ほど入っていましたが、薄氷がはる寒さの為かあまり釣れていないようでした。その後強風も吹いてきて厳しい日でした。大石のところからかけ坂まで釣り歩いて1匹、仕方なく飛び石の下流へ入ると下っていた魚が面白いように釣れだし何往復かして2時30分までに21匹でした。水中糸0.8号、ハリス0.6号、オモリ2B、マス針8号で餌はブドウの虫でした。
 3月 6日(土) 2004年最初の渓流です。それなのに朝から雪、雪が止んだら強風と散々な1日でした。9時に中瀬集合でニジマスの放流作業。その後、あまぬまで釣りを開始、既に入渓の人が順調に上げているので一寸焦り気味、でも風が強く、食いも浅く苦労しましたが結構つれて釣果は42匹でした。2月に入れたヤマメやイワナは全然来ませんでした。水中糸0.8号、ハリス0.6号、オモリ2B、マス針8号で餌はイクラでした。

TOP川遊び川・湖のつり渓流釣り|へ戻る